コラム

グーグルeBooksは電子書籍の未来形

2010年12月10日(金)23時44分

 グーグルの電子書籍ストア「グーグル・イーブックス(Google eBooks)」がようやくオープンした。これまでは「グーグル・エディションズ(Google Editions)」と呼ばれていたプロジェクトで、今年夏に開店するとされていたのだが、遅れていたようだ。やっとその使い勝手を試してみることができた。

 これが実際に人気を得るかどうかの判断は別として、感心したことが3つある。いずれも、この電子書籍のあり方をマスターすれば、電子時代、インターネット時代の書籍とはどんなものであり得るのかが体感できるという点に関連している。今でも電子書籍は出回っているが、グーグルはそのさらに先の方法を見せてくれる感じだ。

 そのひとつは、グーグルも売りにしている「どんなデバイスでも読める」ことである。グーグルの電子書籍はクラウドを利用、つまりグーグルのサーバーにあるデータにアクセスしてそれを読むという方法をとる。そして、そこにアクセスするためのデバイスは何でもいいということだ。

 いろいろなデバイスでアクセスできる上、利用するデバイス間で同期化も行われる。たとえば、机の前でPCを利用して読んでいたけれども、疲れたのでiPadに切り替えてソファに座りたいとなると、読み進んだ箇所まで同期化されて表示される。その後出かけるとすれば、今度はスマートフォンで続きが読めるといった具合だ。

 これまでの電子書籍リーダーでは、確かに紙上の文字は電子データに取って代わられていたけれども、同じ特定のデバイスにデータをダウンロードして持ち歩くという点では、「モノ」感、所有感から離陸していない。実はこれは従来の書籍の概念からあまり進化したものではなかった。

■顧客不在のプラットフォーム戦争に一石

 グーグルの電子書籍ではデバイスはあくまでも仲介役であって、書籍のコンテンツ・データこそが求めるものであるという感覚があらわになる。書籍は「生データ」の姿で目前に現れ、その乗り物は何でもいいのだ。

 どのデバイスでも読めるという点は、現在いろいろなメーカーや電子書籍ストアが繰り広げているプラットフォーム戦争に一石を投じる可能性もあるということだ。

 現在の電子書籍競争では、ひとつの会社がデバイスとフォーマットやDRM(デジタル著作権管理)規制、電子書籍ストアをひとつのものとしてまとめ、そこへ客を囲い込むという構図である。アマゾンは完全にそのパターンだし、アップルも基本的にはこのモデルで成り立っている。したがって、ユーザーのわれわれとしては、デバイスを購入する投資も含めてどの会社に組みするのかをあらかじめ見定め、いったん足を踏み入れるとなかなか抜け出せないというしくみにとらわれざるを得なかった。

 対して、このグーグルの電子書籍は、とりあえずデバイスと電子書籍コンテンツの閉じた関係からわれわれを解き放ってくれる(ただしアマゾンのキンドルは利用不可)。ここで可能になったのは、手持ちのデバイスで「オンデマンド」に読書するという新しいスタイルだ。デバイスよりも、データのあり方、その周辺のテクノロジーにこそイノベーションが求められるという、本来の要点も感じさせる。

■グーグルの電子書籍ストアは「分散型」

 もうひとつ感心したのは、このグーグルの電子書籍ストアが「分散型」であることだ。もちろんGoogle eBooksのURLはちゃんとあって、そこに300万冊の書籍が集まっている(グーグルブック検索でスキャンされた著作権切れ等の書籍も含む)。だが、グーグルの電子書籍ストアはそれ以外のいろいろなところにも出現する。

 たとえば、検索結果のページの中。何か検索していると、それに関連する書籍が表示され、そこからグーグル電子書籍ストアへリンクされているというしくみだ。あるいは、出版社や書店のホームページに表示されることもある。グーグルはこの電子書籍ストアのしくみを提携する出版社や書店が利用できるようにしており、いわば電子書籍販売のインフラを敷くというアプローチをとっている。ここで書籍を購入すると、自分のグーグル・アカウントに書籍がアーカイブされ、出版社や書店は売り上げの一部を受け取る。

 考えてみれば、インターネットで購入する電子書籍なのだから、まるで路面店のようにいつも決まった場所から買う必要はないわけだ。ここでもわれわれが「店構えのある書店」という従来のアナロジーに引っ張られていたことを痛感しないわけにはいかない。インターネットや電子書籍は、もっと進んだあり方が可能なのだ。

■「書籍=知」までが検索に最適化される?

 感心した3つめは、この提携出版社や書店にある。グーグルと提携するのは、独力では電子書籍販売のインフラが築けない独立系出版社や、大手チェーンではない町の書店が多い。電子書籍時代になって彼らの存続はいよいよ危うくなっていたのだが、グーグルのインフラによって生きのびる糧をひとつ与えられた。独特な書籍を出す出版社、ユニークな品揃えを誇る小さな書店が大型店にはできないような書籍を選りすぐって提供し、熱狂的なファンを集めるということも起こりえるだろう。

 だが、グーグルのストアもいいことばかりではない。たとえば、検索と書籍が密接につながってしまうと何が起こるか。書籍が検索結果の上位に表示されるようにするため、SEO(検索エンジンオプティマイゼーション)のような技が書籍にも入り込んでくることになるだろう。

 グーグルは、書籍の内容以外にもそのメタデータ(書誌データ)や100項目もの市場の「シグナル」(売り上げ、検索数、図書館での蔵書数など)を統合して検索結果に反映するというが、すでにちまたでは、「具体的なことばを用いて本のタイトルをつける」とか「書籍以外のところで、たくさん関連したコンテンツを上げる」といったようなSEO対応のための指南が出始めている。

 これも電子時代の書籍のあり方とは言え、人間の「知」の根幹に関わる書籍が、マーケティング手法に過ぎないSEOに日和ってしまわないことを願うばかりだ。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画で対

ビジネス

米新築住宅販売、9月は前月比3.5%減 予想に反し

ビジネス

コロナ治療法、ワクチンよりも容易で安価=ブラジル大

ビジネス

米当局、共和党全国大会でのポンペオ氏演説調査 ハッ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 7

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!