コラム

中東徒然日記 酒井啓子

「理」なき殺し合いの怖さ

 ラマダン(断食)月が終わった。今日(7月28日)からイード・アル=フィトルというラマダン明けの休日が始まり、イスラーム教徒はお正月のように

2014.07.29

ガザ攻撃:ハマースはそんなに「脅威」なのか

 イラクでのISIS(イラクと大シリアのイスラーム国)の動向に世界的な注目が集まる一方で、中東ウォッチャーたちは内心、別のことにハラハラして

2014.07.11

イラク:政治的解決には遅すぎる

 アメリカは、マーリキー首相の首に鈴をつけようと考えているようだ。  6月23日、イラクを訪問したケリー米国務長官は、イラク政府の各派の要人

2014.06.24

イラクはどこまで解体されるか

 6月10日に北部モースルが陥落して以降、イラク分裂の危機が現実性を持って語られるようになった。「イラクとシャームのイスラーム国」(ISIS

2014.06.13

イラク:モースル陥落の深刻さ

 恐れていたことが起こりつつある。  アルカーイダすら「絶縁」するほどの過激派、「イラクとシャームのイスラーム国」(ISIS)が、イラクで攻

2014.06.11

イラクのフランケンシュタイン

 4月30日に実施された第三回イラク議会選挙は、まだ完全に確定してはいないものの、与党「法治国家連合」が第一党の地位を確保することが明らかに

2014.05.24

後ろめたさがなくなった? 日本の対イスラエル接近

 4月28日の朝日新聞(朝刊)のコラム「いざイスラエルへ 連携狙いベンチャー参戦」を読んで、妙な違和感を感じた。イスラエルにベンチャー進出し

2014.04.30

アラブ・サミットで見られた湾岸諸国の亀裂

 国家のトップが結集する首脳会議を開催するということは、国威発揚、外交面での手腕発揮の場と考えて、どの国も晴れがましく思うものだ。ましてや、

2014.04.03

クリミア:グレート・ゲームは再来するか

 中東研究者の多くは今、クリミアで起きていることを見て、こう思い描いている――「これは、第一次世界大戦前夜の再現か」。  今回浮き彫りになっ

2014.03.20

「アンネの日記」事件に思う

 「アンネの日記」が、東京の各地の図書館で、破られたり廃棄されたりするという事件が起きている。欧米と違って、反ユダヤ主義的な行動が歴史的にあ

2014.03.02

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 3

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

  • 7

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 8

    スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

  • 9

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 10

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 7

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    それをあなたが言いますか? 菅首相の「ビジョン」…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!