コラム

エジプト・イタリア人学生殺害事件を巡る深刻

2016年03月15日(火)11時30分
エジプト・イタリア人学生殺害事件を巡る深刻

エジプトで遺体で見つかったイタリア人学生を悼んで大使館に献花する人たち Mohamed Abd El Ghany-REUTERS 

 3月、卒業の時期になるといつも思い起こすエジプト映画がある。名監督ユースフ・シャヒーンの1999年の作品、「他者」だ。冒頭、亡くなる4年前のエドワード・サイード本人が登場する。氏が教鞭をとっていた米コロンビア大学のキャンパスで、卒業して本国に戻る若きエジプト人とアルジェリア人の学生に、贈る言葉を投げかける。「共存、他者との共存を忘れてはいけない」。

 故郷に戻った学生たちは、2人ともテロの凶弾に倒れる。アルジェリアの若者はジャーナリストになって内戦下で命を落とし、そして主人公のエジプト人青年は...。

 ここから先はネタバレになるので書かないが、何故この時期に思い出すかというと、手塩にかけた学生の命を奪われるようなことは、サイードだってきっと耐えられない痛みだろうなあ、と思うからだ。教え子たちがその正義感、理想を追求する過程で、国内で、海外で不幸な事故、事件に巻き込まれる。中東研究や中東報道を目指す若者は、特に危険と背中合わせだ。

 この2月、ケンブリッジ大学博士課程で学んでいたイタリア人の若者が、エジプトで遺体となって発見された。エジプトの労働運動、特に行商人たちの労働環境を研究するため、カイロのアメリカン大学で客員研究員として滞在していた学生だ。行商人といえば、チュニジアで2010年12月に起きた「ジャスミン革命」は、ワーキングプアの違法行商人が焼身自殺したことから始まった。イタリア人学生がエジプトの労働運動に関心を持ったのは、「ジャスミン革命」から続いて起きた「アラブの春」に惹かれてのことだろう。エジプトで反ムバーラク運動が一気に盛り上がった1月25日の大規模デモから5年、彼は記念の集まりを観察するつもりだった。

 それが、突然行方不明になった。1週間後、彼は遺体となって道路わきで発見された。警察は否定しているが、虐待と拷問のあとが見える、痛ましい姿だった。警察に拉致され、拷問されたあげく殺されたのだ、との見方が有力となった。昨年末、労働組合の集会に参加したとき、知らないうちに写真を取られていたらしい。彼自身、そのことをとても気持ち悪く思っていた。

 外国人メディアや研究者が、政府の知られたくないことを嗅ぎまわることを徹底的に嫌うのは、今のエジプト政府に限ったことではない。フセイン政権時代のイラクや内戦前のシリアなど、独裁政権下で研究や調査をするのは、至難の技だ。何もしていなくてもスパイ扱いされて国外追放や投獄、暗殺されることは、珍しくない。イタリア人学生の奇禍も、近年エジプト政府が外国人やメディアへのスパイ嫌疑を強めていたなかで、起きた。

 教え子を無残に殺された教師、大学はどれだけ怒り、苦しんでいるだろう。ケンブリッジ大学は、1週間もたたずエジプト政府に抗議し真相究明を求める書簡を発出した。在英の学者たち4600人が、署名した。筆者の親しい友人たちの名前も、いくつも並んでいる。

 イタリア人学生が在籍したカイロ・アメリカン大学でも、追悼と抗議の集会が開催された。彼の指導教官だったエジプト人女性教授は、はっきりと「これは殺人だ」と非難した。だが会場には、大学の対応を生ぬるく思った参加者が掲げたのだろう、「イタリア人学生が殺されたのは氷山の一角だ、大学は守ってくれやしない」と書かれた垂れ幕が吊るされた。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!