コラム

ザハ・ハディードの死

2016年04月01日(金)21時15分
ザハ・ハディードの死

ハディード女史の父親はイラク現代史を象徴する大物だった Andrew Innerarity-REUTERS

 世界的建築家、ザハ・ハディード女史が亡くなった。

 2020年東京オリンピックの新国立競技場建設計画を巡るごたごたで、日本での訃報の伝わり方は、「揉め事の種」的扱いになってしまっている。彼女が数々の国際的な賞を受賞した、世界で超一流の建築家であることを考えれば、こうした報道ぶりはとても残念だ。イギリスでのメディアが一様に、「ロンドン・オリンピックで屋内競技場を設計したハディード女史」の早すぎる死を悼んでいるのを見れば、「ハディード女史の最後の作品、日本の新国立競技場」と言えずに終わったのは、少々もったいない。

 ハディード女史が建築家として有名なのはもちろんだが、中東研究者として女史の活躍に注目するのは、彼女の出自来歴である。イラク人として生まれ、イギリスで建築を学び、イギリス国籍を持つ人物、ということは、よく知られている。だが、彼女の父親のことは、それほど知られていない。実は彼は、イラク現代史のなかの超大物、イラク政治のひとつの象徴的な位置づけを占める政治家なのだ。

 父、ムハンマド・ハディード氏は、王政期末期の左派系リベラル政党、「国民民主党」の副総裁を務め、58年に成立した共和制下では財務大臣に就任した政治家であり、経済学者でもある。イラク北部のモースル(現在「イスラーム国」が制圧しているイラク第二の都市だ)出身の、裕福な大商家の息子で、1907年、当時まだイラクがオスマン帝国の一部であった年に、パレスチナで生まれた。第一次大戦からイギリスの委任統治、そして独立という激動の時代に、イギリスに渡ってロンドン大学で経済学を学び、帰国してからは新生イラク国家の財務省に務めた。

 旧世界から新たな国造りという動乱のなかで、若者たちが期待と野望に溢れて新世界を夢見る、まさにイラク版「坂の上の雲」世代の人物だといえるだろう。良家の子弟たる彼は、西洋近代化に憧れつつ、英仏の中東支配に反対し、社会主義的思考を持った。彼が所属した国民民主党はイギリスの労働党に影響を受けたともいわれるが、1930年代ごろから若い世代に人気を博していたイラク共産党ほどの左派ではなく、中・上流の世俗系知識人の間に広まっていた社会平等志向を代表して、当時最大の野党勢力となった。

 なので、1958年に軍事クーデタで王政が倒されたとき、最初に組閣された内閣で彼は大臣登用された。のみならず、クーデタの中心人物で革命後首相となったアブドゥルカリーム・カーシムの経済顧問として、農地改革や国有化事業など、抜本的な改革を進めた。

 このカーシムの時代(1958-63年)というのが、今も昔も、多くのイラク人が「昔はよかった」と懐かしむ時代である。王政という植民地支配のくびきから脱出したあとの高揚感。そして、その後のフセイン政権のような警察国家にもまだなっていない、混乱はしたけれども自由と解放感と希望があふれていた時代。

 なにより今のイラク人がカーシム時代に憧れる最大の理由は、宗派や民族の対立が最も少なかったという記憶があるからだ。カーシム自身はスンナ派のアラブ人なのだが、母親がフェイリー・クルドというシーア派のクルド人であったといわれる。その出自の複雑さを利用して、カーシムは自分のことを、「スンナ派、シーア派、クルドの三つのアイデンティティを融合したイラク人」というイメージで喧伝した。閣僚登用においても宗派、民族バランスが最もとれていた時代、と言われる。

 さらにカーシムの人気が高いのは、その社会主義的政策だ。カーシムに出身政党はなかったが、当時勢いを伸ばしつつあったアラブ・ナショナリスト勢力に対抗するために、イラク共産党を大いに利用した。上記の農地改革や国有化政策は、その一環である。ハディードを含め、左派系の政治家、閣僚を重用したことは、当時の知識人層の方向性にフィットした。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 8

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 9

    ドラマ『チェルノブイリ』、事実がまっすぐ伝えられ…

  • 10

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 1

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!