コラム

イラク・ファッルージャ奪回の背景にあるもの

2016年05月27日(金)19時30分
イラク・ファッルージャ奪回の背景にあるもの

今月25日ファッルージャ郊外でIS戦闘員と交戦するイラクの治安部隊 Thaier Al-Sudani-REUTERS

<イラク政府はISに支配されていた主要都市ファッルージャの奪還作成を開始。しかしその目的は、統治能力を失ったアバーディ政権が国内外からの信用を取り戻すことにあった>

 5月23日、イラクのアバーディ首相は、ISに制圧されているファッルージャの奪還作戦を開始する、と発表した。25日にはイラク軍が同市の東部地域をほぼ確保したとし、政府は「ファッルージャ奪回成功、ISに大打撃!」と、作戦の成功を宣伝している。

 しかし、一方でそのやり方に懐疑的な声は、少なくない。作戦開始前に政府は、市民に「街から退避せよ」と呼び掛けてその安全に配慮したというが、ISの監視下にあって簡単に逃げられるものではないし、何よりも数カ月前から続いていた政府軍によるファッルージャ包囲のせいで、市民は飢餓に悩まされて逃げ出すどころじゃなかったじゃないか、との批判もある。

 何よりも、何故この時期に?という問題がある。ファッルージャからISを追い出すためにイラク軍が動き始めたのは、2月だ。昨年末にISから奪回したラマーディは、ファッルージャから西方40km足らず。ラマーディを攻略した勢いでファッルージャにもすぐにでも、という様子だったが、2月初めにファッルージャへの補給を断つ包囲戦を始めたあともなかなか手をこまねいていた。

 それがなぜ5月に一気に攻勢に出たのか? 国民や国際社会の目をIS叩きに向けなければならないような状況が、イラク内政にあったからだ。

【参考記事】イラク:前門のIS、後門の洪水

 そう、アバーディ政権の足元は、グラグラというより、蟻地獄さながらに崩れ落ちていっている。そのことを如実に示すのが、5月に入って繰り返し行われているサドル潮流による旧グリーンゾーン(現在はインターナショナル・ゾーンと呼ばれる、旧米軍管理地域)への乱入事件だ。その嚆矢となったのは4月30日の、サドル潮流が組織する大衆デモの暴徒化と、そのグリーンゾーンとそこにある議会庁舎への乱入である。ちょうどバイデン米副大統領がイラク訪問中だったこともあって、アバーディ首相の統治能力のなさを露呈する事件となった。

 だが、アバーディ内閣の混迷は、その前、4月から深刻化していた。もともとマーリキー政権の権力集中、党派政治を脱却して改革を進める、として1年10か月前に発足したアバーディ政権だったが、改革の成果はいつまでたっても目に見えない。シーア派宗教界からも、「改革をしっかり実施せよ」と厳しいお叱りを受けて、3月末に内閣改造を発表したのである。

 その内容は、彼なりの「派閥脱却人事」だった。当然、主要派閥はいっせいに総スカンの態度をとる。たとえば、あるクルド人を閣僚登用したところ、クルディスタン地方政府を仕切るクルディスタン民主党が、反発。いわく、「クルド人を起用するのはいいけど、うちらを通してもらわないとね」。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 3

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!