コラム

ジャスミンと杉の耐久性:アラブの民衆革命は広がるのか

2011年01月27日(木)10時42分

 チュニジアで起きた「アラブ初の民衆革命」は、発生から10日を経て、そのインパクトは他のアラブ諸国に広がり続けている。「民衆の手で強権政治を倒す」ことが可能なのだ、というチュニジアの先例が、反体制活動の精神的支えとなって、各国で抗議活動を激化させている。チュニジア同様、失業や経済的困窮に対する不満を抱えている隣国アルジェリアでは、チュニジアの暴動にほぼ並行してデモや抗議の焼身自殺などが繰り広げられてきた。

 最近ではエジプトで、1月25日を「怒りの日」としてカイロ、アレキサンドリアなどの大都市で数万人規模の反政府デモが組織され、三人の死者が出た。エジプトは昨年の議会選挙で野党が大きく後退、政府の選挙操作に反発が広がっていたところだ。

 影響は北アフリカにとどまらない。ヨルダンでは21日に5000人規模のデモが行われ、食料価格高騰や政府の腐敗に反対の声が挙げられた。慌てた政府は、自国の貧困地域を視察して回ったり、急遽主要な生活物資の価格引き上げを決めている。イエメンでも学生を中心に抗議行動が繰り返され、「大統領は出て行け」と声があげられた。いずれも、右から左まで、広範な市民が大衆運動に立ち上がったという点で、チュニジア型民衆革命の波及効果は甚大である。具体的な行動に出なくとも、野党勢力が自国の強健体制を批判するのにチュニジアの「ジャスミン革命」を参照する例は、中東全土で枚挙に暇がない。

 なかでも意気軒昂なのが、イスラーム勢力である。前回のコラムでも触れたが、過去四半世紀、民衆を動員して運動を展開するのはイスラーム運動と相場が決まっていた。チュニジア革命の立役者にはさまざまな派があれど、同様に強権的な政府と衝突している他国のイスラーム勢力としては、チュニジアの例を自分たちが目指す「革命」に引き付けて利用したい。ベンアリ大統領辞任の報が流れてすぐ、パレスチナのイスラーム勢力、ハマースは、政権転覆を「インティファーダ」と呼んで賞賛した。ベンアリの独裁を、世俗派のライバルで長期に指導的地位に座り続けるファタハ・PLOに見立てての、表現である。レバノンのヒズブッラーもまた、チュニジア人民への祝意を表明した。

 ところで、そのレバノンが今大変なことになっている。前々回のコラムで、レバノンが一触即発状態だったと書いたが、チュニジアより2日早く、政権が崩壊した。2005年ハリーリ首相暗殺事件に関する国際特別法廷による訴追が予定されているなかで、その結果を危惧したヒズブッラーが、連立政権から離脱したからだ。現在新たな組閣を巡り、各派間の調整が続けられているが、ヒズブッラーは自勢力からの首相擁立を主張し、政治勢力間の武力衝突の再燃が懸念されている。

 6年前のハリーリ暗殺後、事件の背後にあるといわれたシリアに反発し、宗派を超えた広範な市民運動が展開された。結果、30年にわたりレバノンに駐留していたシリア軍の撤退に成功したことから、この市民運動はレバノン杉を捩って、「杉革命」と呼ばれている。
その「杉革命」の成果が、風前の灯なのだ。杉が倒れてジャスミンが花開くのか。どうも植物の名前の革命は、枯れることを想定しているようで、せつない。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ビジネス

イエレン氏、景気回復へ「大きな行動」を 財務長官公

ワールド

原油先物は上昇、追加刺激策巡る楽観で 米株高に追随

ワールド

米コロナ死者40万人突破、クリスマス以降急増 ワク

ワールド

米次期国土安保省長官、国内過激派への対応強化も 承

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!