コラム

トルコ・米国間の不協和音?

2010年06月24日(木)12時37分

 6月半ば、トルコ軍が国境を越えてイラクのクルド地域を攻撃した。その数日後には、クルド組織による報復としてトルコ東部の軍施設が攻撃され、トルコ兵約10名が死亡。何やらきな臭い展開を危惧する報道が、トルコを巡って相次いでいる。

 トルコ軍の対クルド越境攻撃自体は、さほど珍しい事件ではない。トルコ政府は、クルド民族の分離独立を要求するPKK(クルド労働者党)の武装反政府活動に、長年苦慮してきた。国内でPKK弾圧を強めても、PKKの活動家たちは山地続きの隣国、イラクのクルド地域に逃げ込むので、掃討作戦もなかなか効果を挙げられない。越境攻撃は、このように隣国に逃げ込んだ反政府勢力に対する追跡を目的として、過去四半世紀断続的に続いてきた。2003年以前は、イラク政府も同様にクルド勢力の台頭を嫌っていたため、トルコ軍の行動を黙認していた。春秋、年2回の越境攻撃は、一種の恒例行事だったのである。

 この事件を追っていて面白かったのは、PKKから報復を受けたトルコ軍のぼやきである。某退役将校が「PKKの動向について、米国が情報提供してくれなかった」と不満を漏らしたのだ。

 最近のイスラエルを巡る展開、イラン核開発に関する国連の対応を巡り、トルコの対米関係が緊張している。前回のブログで触れたように、イスラエルがトルコ船籍のガザ支援船を攻撃したことで、トルコ・イスラエル間関係が急速に冷え込んだ。イスラエルとの関係悪化は、イスラエルを擁護する米国との関係悪化にもつながる。

 9日、国連安保理で採択された対イラン追加制裁決議に、トルコが反対したこともまた、米政府の神経を逆撫ですることだった。トルコとブラジルは、イラン制裁に代わって、低濃縮ウランの国外搬出案を提案し、トルコがその移送先になると申し出た。その努力に一顧だにせずイラン制裁をさっさと決めるなんて、というトルコの不満があったのだろう。だが反対票を投じた結果、ゲーツ米国防長官はトルコに対する失望を露にし、イスタンブルで予定されていた米・トルコ間テロ対策会議はキャンセルされた。

 トルコにとって対米関係を悪化させることは、まず考えられない選択肢だろう。とはいえ、イスラエルに対する反発を露にするトルコ人の民意、イランを含めた中東の周辺国との外交関係を尊重することも、欠かせない要因だ。

 ガザ支援船攻撃事件の直後には、ガザでエルドアン・トルコ首相の顔写真つきポスターやトルコ国旗が土産品として人気だったらしい。地域社会の人気者で行くか、ビッグボスの顔色を見るか――。今トルコが抱えるジレンマだ。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

米下院、1.9兆ドルのコロナ法案可決 上院は時給引

ワールド

ミャンマー国連大使、異例のクーデター非難 国際社会

ワールド

バイデン米大統領、テキサス州訪問 寒波の被害状況視

ワールド

米大統領、報復空爆でイランに警告 「罰を免れること

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボンジュウ」を許されないとした理由

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 6

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 7

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 8

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 9

    株価が上がっているのに、「価値の下がっているモノ…

  • 10

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    バブルは弾けた

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    バブルは弾けた

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!