コラム

不況下で増える悲しい「ファミリサイド」

2009年06月03日(水)11時53分

 全米で4番目に殺人事件の多い町オークランドに5年も住んで、2年前にやっと治安のいい町に引っ越した。

 小学3年生になるうちの娘も、9月の新学期からそこの市立小学校に転校することになった。その学校には、娘が通うサンフランシスコ日本語学校のクラスメートのユキちゃん(仮名)が通っていた。毎週土曜日の日本語学校でユキちゃんと仲良しになった娘は「これからは月曜から金曜もユキちゃんと一緒だね」と、本当に楽しみにしていた。

 しかし、ユキちゃんは3年生にはなれなかった。

 地元の新聞が、公園の駐車場にとめられた車の中で家族4人の遺体が発見されたと報じた。ユキちゃんと幼い妹、そして両親だった。父親が拳銃で3人を撃った後、自分の頭を撃ちぬいたのだ。

 お母さんは日本人で、アメリカで勉強してお医者さんになり、独立して自分のクリニックを開業した。直接会ったことはないが、日本人の母親コミュニティでは気さくな人として好かれていた。

 父親はアメリカ人の白人で、妻のクリニックを経営していた。遺書は公表されていないが、新聞によるとクリニックの経営難について書いてあったという。

 一家無理心中を英語でファミリサイド(familicide)という。親が子供を道連れにするというのは家制度のあった儒教文化圏独特の現象だと思っていた。離婚率5割、シングルマザーは当たり前、個人主義のアメリカには一家心中は似合わない。そう思っていたのだが違ったようだ。

 今年に入ってから、全米各地で悲惨なファミリサイドが多発している。

 1月27日、カリフォルニア州ウィルミントンで病院を解雇されて絶望した父親が妻と2歳の双子を含む6人の子供を射殺して自殺した。その翌日、1月28日にもオハイオ州コロンバスで失業中の父親が妻と4人の子供を射殺して自殺した。

 3月29日、カリフォルニア州サンタクララでヤフーのエンジニアが妻と2人の子供と妻の弟夫婦とその子供を45口径の拳銃で撃って自殺した。動機は不明。

 4月4日、ワシントン州グラハムに住む父親が妻と5人の子供をライフルで撃って自殺した。一家は貧困層用のトレーラータウンに住み、妻は離婚を望んでいた。

 4月18日、メリーランド州ミドルタウンでセールスマンの父親が妻と3人の子どもを拳銃で撃って自殺。父親は 約4600万円の住宅ローンとクレジットカードの負債が支払えなくなっていた。

 4月19日、ニューヨークの税理士が、メリーランドの大学に通う19歳の長女を、妻と次女と一緒に訪ね、ホテルで家族全員を鈍器で殴り、窒息死させた後、自分はナイフで自殺した。彼はマンハッタンの一流企業をクライアントに持っていたが、バーナード・マドフ的な投資サギであちこちから20億円もの金を集め、返済を要求されて、空の小切手を切っていた。

 お金は、多くのファミリサイドの原因だ。国立衛生研究所と労働統計局のデータではファミリサイドの数と失業率は完全に比例している。クリーブランドのケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究では、ファミリサイドを起こす親の6割が失業状態にあるという。

 しかし破産くらいで死ぬことないし、子どもまで無理やり道連れにすることはない。その心理を様々な心理学者が分析しているが、まとめるとだいたいこんな感じだ。「私はもうおしまいだ。ということは子供たちもおしまいだ」 「苦しまないようにしてあげよう」 「この子たちは誰にも渡さないぞ。私のものだ」 「私1人で死ぬのは寂しすぎる」

 愛という名のエゴ。奥さんや子供を自分の所有物だと思っているわけだ。

 これは男の病なのか、一家無理心中を起こすのは2倍以上の率で母親より父親が多い。母親は自分を捨ててでも子供を守ろうとするが、父親のほうが所有欲が強く、挫折や孤独に弱い......。日本以上に男らしさを気にし、デカい車とフットボールを愛し、ビジネスも戦争もガンガン押し出すイメージのアメリカの父親たちでもそうなのか。

 ユキちゃんの父親は明るく社交的で、学校のボランティアにも積極的に参加し、娘の誕生日には盛大なパーティを開いたという。

「でも、見栄っ張りな男だったね」――誕生会に呼ばれたSさんが言った。服も車も家も何もかも一流でなきゃ、みたいな人物だったそうだ。

 彼は経営に苦しんでいる事実を誰にも相談していなかった。問題を自分の内側に抱え込んでしまった。彼は元CIA局員だった。どのような仕事に従事していたのかは国家機密なので明らかにはされない。秘密を守るのが仕事だったとはいえ、本当に困ったときは人に相談しろよ!

 ユキちゃんがどこへ行ったのか、うちでは娘に話していない。娘も何も聞かなかった。友達から聞いて知ってしまったのかもしれないが、親からはとても話せない。

 2年前の日本語学校のアルバムは、うちでは開かなくなった。娘と並んでユキちゃんが微笑んでいるから。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

アングル:米民主党進歩派の「顔」、グッズ販売で狙う

ワールド

米超党派議員がIOCに書簡、北京五輪の延期や開催地

ビジネス

アングル:暗号資産ブームのパキスタン、後手に回る法

ビジネス

アングル:ノンアルビール、「コロナ明け」機に大手が

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 7

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 8

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 9

    「世界中でアメリカ大使が不在」で考える大使の存在…

  • 10

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 8

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 9

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 10

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中