コラム

日本は原発を捨てるべきか

2011年03月31日(木)19時22分

 福島第一原発の事故で、これから日本で原発を建設することは絶望的になった。各地で、建設中の原発も工事が止まるなど、見直しが相次いでいる。他方、オバマ米大統領は、原油の輸入量を向こう10年で1/3削減する「エネルギー安全保障政策」を発表した。この中で彼は「公益企業は2035年までに電力の80%を風力、太陽熱、原子力、天然ガスなどのクリーン・エネルギーでまかなうことを義務づける」として原子力をクリーン・エネルギーと位置づけた。

 原子力がクリーン・エネルギーだという話には、福島原発の事故を見ている日本の国民は抵抗を覚えるだろう。しかし原発は、少なくとも死者数を基準にすると、他の発電所より安全である。IEA(国際エネルギー機関)の統計によれば、発電量1TWh(兆ワット時)あたりの死者は、石炭火力の161人、石油火力の36人に対して原子力は0.04人。そのほとんどはチェルノブイリ原発事故で、西側諸国で原発事故による死者はほとんどいない。

 たとえ確率は低くても、一度起こると非常に大きな災害になる場合には配慮が必要だ。チェルノブイリ事故の死者は推定によって大きく違うが、最少のIAEA(国際原子力機関)の推定でも4000人、多い推定ではガンによる死者を入れて10万人という説もある。しかし先々週のコラムでも書いたように、今回の事故では地震と同時に運転が止まったので、チェルノブイリのような大惨事になることは考えられない。今のところ放射能汚染による死者はゼロで、今後もそれに近いだろう。今回のような最悪の条件でこの程度の被害なら、管理可能である。

 もちろん原発の周囲は放射能で汚染されたため、半永久的に立ち入り禁止になるだろう。住居を失った人や農畜産物の被害は1兆円以上と推定されるが、これは5兆円以上にのぼる東京電力の1年間の売り上げで賠償できない額ではない。損害賠償によって東電の経営が破綻する可能性もあるが、これは原子力を推進してきた国が支援することになっている。経済的被害だけなら、今回の地震と津波の損害20兆円の1割程度だろう。

 問題は、今回のような大きなリスクをおかすメリットが原発にあるのかということだ。原子力安全委員会の試算では、1kWhあたりの発電原価は次のようになっている:

・原子力:5.9円
・天然ガス火力:6.4円
・石炭火力:6.5円
・石油火力:10.2円
・水力:13.6円

 原子力のコストには、遠い将来までの核燃料サイクルのコストや、今回のような損害賠償のコストが入っていないという批判もあるが、それを入れても原子力の安定性や規模の経済は大きい。石油火力は原油価格の上昇で、コストや供給に不安がある。石炭は上にも見たようにもっとも危険なエネルギーであり、二酸化炭素の排出量も多い。化石燃料に依存するリスクは大きいので、原子力はエネルギー安全保障という観点からも環境保護という観点からも有力だ。

 原子力発電の減少を補うエネルギー源として短期的に有力なのは、天然ガスだろう。ガスタービン炉は成熟した技術で、大量生産でコストも安いので、大きな工場では自家発電に使うこともできる。東電は今年の夏のピーク時までにガスタービン炉を増設するとしているが、出力は30万kWと原発の1/3程度で、ピーク時には1600万kWにのぼると予想される首都圏の電力不足を補うには力不足だ。

 太陽光や風力などの再生可能エネルギーを開発することも重要だが、不安定なので基幹的な電力源にはなりえない。東電の試算では、100万kWの原発と同じ出力を出そうと思うと、山手線の内側全体に太陽光パネルを張る必要があり、発電原価は約70円/kWh。風力はさらにその3.5倍だ。再生可能エネルギーは土地利用型なので、アメリカの砂漠などでは使えても、狭い日本には向いていない。

 日本は原子力への依存度はそれほど高くないのだが、地元対策が困難なために福島や敦賀などの「原発銀座」に立地が集中し、今回のような事故が起こると大量の電力不足が生じる。多様なポートフォリオをもつことは資産運用の鉄則だが、エネルギーについてもリスク分散の戦略が必要だ。そのポートフォリオの一つとして、原子力は捨てないほうがいい。当分、新設は無理だろうが、アメリカのように建設をやめてしまうと再開が困難になる。技術を温存しながら、情報公開によって国民の理解を得る必要がある。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨

ビジネス

FRB、6月利下げ開始との観測変わらず FOMC議

ビジネス

世界の債務総額、23年は313兆ドルと過去最高=I

ワールド

ロシア、国内弾薬生産不十分 ウクライナ制圧との目標
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 6

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 7

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    日独GDP逆転の真相

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story