コラム

「先祖返り」する習近平体制

2014年05月21日(水)15時12分

 習近平政権はその出現前から一部でささやかれていたように、完全に前任の胡錦濤政権とは違う、自分の価値観を推し進めていることが次第に明らかになってきた。同じ中国共産党による政権には変わりないのだが、80年代の改革開放以降、少しずつカラーは違えど西側社会の価値観を少しずつ取り入れつつあったところに、この政権はこれまでの脈絡を無視して、独自のカラーを社会に押し付けつつある。

 最近特にそれが顕著だと感じるようになったのは、5月初めの人権弁護士、浦志強氏、そして大学教授の徐友漁氏らを刑事逮捕したことだ。浦志強氏はこれまでにも人権や生存権に関わる原告のために何度も弁護を申し出ており、芸術家艾未未が逮捕された時(「その男、危険につき」)にも弁護士を務め、確かに体制にとってスレスレの微妙な人物な人物だったものの、それでも逮捕という事態に至ったことはなかった。また今回同時に逮捕された徐友漁氏らにしても、これまで多くのメディアで論評、分析を発表してきており、中国の人文系においては最高レベルの研究機関である中国社会科学院で文革を研究している哲学者で、政府のボトムラインもよくわかっているはずだった。

 彼らは5月3日に開かれた「六四25周年研究会」に参加した後に警察に連行され、そのまま拘束、逮捕された。「六四」とは1989年に起こった天安門事件のこと。25周年に当たる今年は当然当局も厳戒態勢に入っているが、それにしても公開活動ではなく、私的な呼びかけによって行われたこの研究会がきっかけで逮捕されるというのは、過去同様の研究会が開かれた時にはありえなかったことだと、5年前の20周年研究会に参加したメンバーは語る。インビテーションを受けて集まった参加者のうち、20人近くが事情徴収に呼ばれたが、そのうち浦氏ら5人がそのまま拘束された。

 浦氏たちの容疑は「騒乱挑発罪」。騒乱も何も、私的でクローズドな集まりですら取り締まりの対象になるのか?という声も上がっており、さらには浦氏の同僚弁護士からはこれは明らかに「口袋罪」(敢えて訳すと「大風呂敷」罪か)、つまりある具体的な行為がどの罪状に符合するかわからない場合、ある法律で触れられている内容に近いと直接その条項を適用したものだと指摘されている。司法側が法律を都合良いように解釈し、目をつけた人間をとにかく拘束する場合に多用されている。

 浦氏はもともと1989年の学生運動に参加した世代。先にも述べたように政府に対する権利保護を要求するケースを担当したのでこれまでも当局には目をつけられ、常に公安に見張られる立場だったが、拘束や逮捕には至らなかった。一緒に拘束された徐氏も自由派傾向のある論客として知られるが、国の言論最高機関にいるだけに「ボトムライン」は常に意識してきたはずだ。彼らのような人物があっさりと逮捕されてしまったことに、日頃、権利や社会正義に注目する人たちだけではなく、かつて浦氏に助けられた陳情経験者や徐氏らの評論を楽しみにしていた知識人の間に衝撃が走っている。

 また、4月末には「女性ジャーナリストの高瑜さんと連絡が取れない」という人権弁護士のツイートをきっかけに、高瑜さんが行方不明であることが明らかになった。その後やはり当局が彼女を拘束していたことが分かり、5月8日になって国営テレビ局、中央電視台の番組で高瑜さんと見られる女性(顔にはモザイクが掛かっており、断言はできないが、高瑜さんを知る人たちは彼女自身だと感じている)が「自分がやったことは違法で、その処罰を受け入れる用意がある」と語る様子を放送した。

 この「容疑者とされる人物」が「中央電視台テレビのカメラに向かって自分の有罪を証言する」というパターンは昨年夏くらいに微博有名人「大V」の別件逮捕(「『女性関係』という道徳ツール」 )で使われて以来、特にネットなどで注目される人物の拘束後に使われ続けている手法だ。テレビという大衆的な手段(だが、それは国営放送という政府機関の一部だ)によって彼らに対する民間の信頼感を失墜させるためだと見られている。もちろん、「テレビが裁判の代わりを果たして良いのか」「カメラに向かって自白するまで本人にどんな仕打ちが行われたのか」という非難や疑惑の声もあるが、当局が意に介すことはない。だいたい「全国放送テレビカメラの前で自供」なんて明らかに法治社会ではありえない。

プロフィール

ふるまい よしこ

フリーランスライター。北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学んだ後、雑誌編集者を経てライターに。現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説している。著書に『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)。
個人サイト:http://wanzee.seesaa.net
ツイッター:@furumai_yoshiko

ニュース速報

ビジネス

米、コロナ直接給付は速やかに実施へ 子ども向け税控

ワールド

米コロナ新規感染が8週連続減、ワクチン接種加速し1

ワールド

WHOの初期コロナ警告、一部の国深刻に受け止めず=

ビジネス

米コロナ追加対策、「非常に力強い」景気回復促進へ=

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!