最新記事

貿易戦争

トランプ、通商合意目指し習近平と首脳会談へ 協議の前進評価の一方で3月1日を「厳格な期限」と強調

2019年2月1日(金)11時10分

トランプ米大統領は、包括的な通商合意を目指して中国の習近平国家主席と近く会談する考えを示した。ホワイトハウスで同国家主席との会談について言及する同大統領。ワシントンで撮影(2019年 ロイター/JIM YOUNG)

トランプ米大統領は31日、包括的な通商合意を目指して中国の習近平国家主席と近く会談する考えを示した。ワシントンで行われた米中通商協議について、トランプ氏とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表はともに大きな前進があったと評価した。

トランプ大統領は中国の劉鶴副首相との会談で、米中が「史上最大規模の取引」で合意できることを期待していると述べた。

新華社によると、中国代表団も声明で2日間の協議で「重要な進展」があったとの認識を示した。

習主席との会談について具体的な計画の発表はなかったが、トランプ大統領は複数回の会談があり得るとした。中国側はライトハイザー代表とムニューシン米財務長官が2月中旬頃に米代表団を率いて北京を訪問することを提案した。具体的な日程は決まっていない。

劉副首相はトランプ大統領に対し、米国産大豆の輸入を速やかに拡大することを新たに約束すると伝えた。ホワイトハウス当局者はその後、輸入の規模が計500万トンであることを明確にした。これは昨年12月に中国が大豆輸入を一部再開した後の輸入量の約2倍に当たる。

トランプ大統領はこれについて「米国の農家を非常に喜ばせるものだ」と評価した。

新華社によると、中国側も声明で米国の農産物、エネルギー、サービス、工業製品の輸入拡大の方針を明らかにした。

中国はこれまでに米国の農産品やエネルギーなどの輸入拡大を提案しているが、協議では知的財産権保護や、米企業に対する技術移転強要の是正などを求める米国側の要求も話し合われた。

ライトハイザー代表は、中国が改革を実際に履行することを確認するメカニズムなど、これらの問題で「著しい前進」があったと表明。その上で「現時点で成功を予測することはできない。しかし、うまくいけば成功を遂げられるところに来ている」と述べた。

ライトハイザー代表はその後、記者団に対し、中国が約束を履行しない場合に措置を講じるメカニズムを用意し、中国の約束を「より具体的、包括的かつ強制力のある」ものにするのが米国の目的だと語った。詳細についてはコメントを控えた。

関税撤廃を協議したかとの質問に対しては、関税は議題にならなかったと答えた。

関係筋によると、中国の農産品市場へのアクセスを巡る幅広い懸念が提起されたが、進展はほとんど見られなかったという。

ホワイトハウスによると、トランプ大統領は3月1日が中国との通商協議の「厳格な期限」とみており、それまでに合意に達しない場合、米国は3月2日に2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10%から25%に引き上げる。

トランプ氏は「習主席と私が会談すれば、全ての点について合意するだろう」と述べ、期限の延期は必要ないとの見方を示した。

ただ、大統領はこれまでに中国との合意案を拒否して関税発動に踏み切った経緯もある。トランプ氏は会談に先立ち、中国が金融サービスだけでなく製造業や農業などの分野でも米企業に市場を開放することを望むとツイートしていた。

[ワシントン 31日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

週内のブレグジット合意、困難だが依然可能=EU首席

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 5

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月