コラム

大陸と香港、深い隔たり

2014年05月09日(金)05時10分

 今回は少々びろうな話題が出てくるので、食事時に読むのはご遠慮いただきたい。

 これまで何度かこの欄で書いてきたが、中国と香港の間で続く不協和音にまた新しい火種が持ち上がった。今回きっかけになったのが、繁華街で若い中国からの観光客の夫婦が幼い子供にウンチをさせていた様子を、通りがかりの香港人の若者がパシャリと写真を撮ったことだった。

 ネットで目にした、その1枚と思われる写真にはいろいろな情報が詰まっていた。写真中央には道端にしゃがんでお尻を丸出しにした女の子。お尻の下にはティッシュが広げられ、脇に女性がティッシュを手にしゃがみ込んでいる。すぐそばに女の子が乗っていたらしいベビーカーがあり、父親らしい若い男性がその横に立っている。路面には香港では駐停車禁止のサインである黄色い斜線が引かれており、女の子の向こう側の歩道をたくさんの人たちが行き来する様子が映っている。看板などが映っていないので具体的にどこかは分からないが、かなり人通りの多い香港の繁華街の一つであることはひと目で分かった。

 この写真を撮られたことで母親が激怒し、写真を撮った若者と揉み合いになったという。この揉み合いで若者がちょっとしたケガを負ったことも含めて写真がネットで公開され、大騒ぎになったのだ。

 香港人側の怒りは、白昼堂々と繁華街の路上で排泄行為が行われたことに集中した。中国国内からは「子供が我慢できなくなるのはよくあること」「写真を撮るのはプライバシーの侵害」「相手は子供なんだから、そんなに大騒ぎすることではない」といった声が上がった。さらにこの騒ぎから香港の若者が集団でショッピングモールの中で排泄をする真似をして新聞ネタとなったり、また中国からは「そんなに細かいことに噛み付くなら、メーデーの連休に子供を連れて香港に行き、路上でおしっこさせまくろう」なんて物騒な話も飛び出した。さらには「5月からは香港旅行をボイコットしよう」という呼びかけも起こっている。

 子供が我慢できないのは当たり前――若い夫婦がその後メディアに語ったところによると、実際にトイレを探したが長蛇の列で子供が我慢できなかったという。実のところ、若夫婦はティッシュを広げて子供を見守っており、後片付けをするつもりという点では周囲に気を使っていたようだ。だが、実際に周囲を歩く人達の数を見る限り、繁華街のど真ん中でそれを見た人にはかなりショッキングな光景だったのは間違いない。

 激しい香港人側の反応に対して、中国国内からは「西洋人や日本人の子供が排泄しているところを見ても、あそこまで怒らないはずだ。あれは大陸人への差別意識だ」という声もある。だが、実のところ、世界中からの観光客を迎えてきた香港において、たとえ子供でも道端で排泄する姿など見たことがない。子供は我慢できないのは世界共通だが、だからといって子供が道端で排泄して良いというわけではないはずで、そこは親たちの技量――出かける前にはトイレを済ませる、外出後は水分補給を調節するなど――と、日頃の習慣がものをいうのだが。

 香港ではかつて、やはり「我慢できない」子供に親が地下鉄の中でおしっこをさせて、それが電車の揺れに合わせてゆらりゆらりと広がっていくさまを携帯で撮影したビデオがネットにアップされているのを見て震え上がったことがあるが、こういう光景はわたしが知っている香港では決してありえなかった。初めてそんなビデオを見た人は「子供の一度や二度くらい...」と思うのだろうが、狭く商店や住宅が密集した香港で門前で排泄されれば、やはり笑ってばかりいられないだろう。

プロフィール

ふるまい よしこ

フリーランスライター。北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学んだ後、雑誌編集者を経てライターに。現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説している。著書に『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)。
個人サイト:http://wanzee.seesaa.net
ツイッター:@furumai_yoshiko

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    中国政府を悩ませる2つの「雨」──1つは香港、もう1つ…

  • 10

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!