コラム

高校生に学術論文が書ける? 悠仁さま「トンボ論文」に向けられた「不公平」批判について考える

2023年12月26日(火)19時00分

赤坂御用地は、たとえ研究者であっても、自由に入って調査できる場所ではありません。トンボ類の調査は、02年から04年にかけて国立科学博物館動物研究部の斉藤洋一氏らによって初めて行われ、6科24種が確認されました。けれど、前回の調査から約20年の間、研究者による調査の続報はありませんでした。悠仁さまが12年から随時、赤坂御用地のトンボの生息を記録していたことを知ったトンボ研究者たちの喜びは、ひとしおだったでしょう。

12年当時、悠仁さまは6歳でした。「6歳の子供が研究データを取れるわけがない」というのも、今回の研究が本当に悠仁さまによって行われたのかと疑問視する人の主張です。しかし、①12年から16年は論文執筆に使えるデータが少なかったこと、②生態調査は市民科学のテーマとしても馴染み深いことから、特別に奇異なことではないと思われます。

①については、悠仁さまの幼少期は観察の頻度が今よりも少なかったり、例えばトンボの写真を撮ったとしても場所や日時等のデータに不足があったりしたことなどが考えられます。

②については、全面的もしくは部分的に専門家ではない一般市民によって行われる科学研究を「市民科学」と呼びます。これまでも、横浜市での渡り鳥の飛来調査や徳島県でのウミガメの調査などで地域の人たちがデータ収集で活躍し、新たな科学的知見が得られています。データの集め方、記録の仕方について専門家から助言を得ることができれば、その後、周囲の大人の協力を得ながら調査をすることは、子供でもそれほど難しいことではありません。

掲載誌「国立科学博物館研究報告A類(動物学)」とは

トンボの観察と記録はできたとしても、高校生に学術論文が書けるのか、という議論もあります。これについては「掲載誌(国立科学博物館研究報告A類(動物学))ならば十分にあり得る」と言えるでしょう。

科学学術誌には様々な種類があります。たとえば「3大学術誌」と呼ばれる「Nature」「Science」「Cell」は、研究成果には卓越した新奇性が求められ、厳しい査読が行われます。英語で執筆されるので世界中の人が読み、論文掲載がノーベル賞受賞に結びつくこともあります。

1965年にノーベル生理学・医学賞を受賞した「DNAの二重らせん構造の解明」は、53年にNatureに研究成果が掲載されました。2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥名誉所長・教授は、マウスの細胞から多能性幹細胞を作ることに成功し、06年にCellで報告しました。

一方、大学や研究所は、所内の研究者の研究報告の場として定期出版物を発行することがあります。掲載される論文は新奇性があるものというよりは、長年コツコツと調査したものなどがメインとなります。出版物によっては、査読がなかったり、日本語で執筆してもよかったりする場合もあります。

国立科学博物館研究報告A類(動物学)は、同博物館の研究者や共同研究者が学術論文を掲載できる出版物で、査読があるので研究の質には一定の信頼性があります。ただし、論文は日本語で書いてもいいので、敷居は低めです。「トンボ論文」は、悠仁さまが同博物館の清氏らと共同研究した成果なので、この研究報告誌に発表したことは妥当と言えるでしょう。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)、ニューズウィーク日本版ウェブの本連載をまとめた『ビジネス教養としての最新科学トピックス』(2023年、集英社インターナショナル)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ザンビア、デフォルトから脱却へ ユーロ債保有者が再

ビジネス

S&P500年末目標、UBSが5600に引き上げ 

ワールド

中国国家主席、雇用促進策の策定指示 「若者を最優先

ワールド

ウクライナ大統領、バイデン氏に和平会議参加呼びかけ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏最新インタビュー

  • 3

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧州はロシア離れで対中輸出も採算割れと米シンクタンク

  • 4

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 7

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 8

    TikTokやXでも拡散、テレビ局アカウントも...軍事演…

  • 9

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 10

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story