コラム

韓国ソウル大が「自己消滅できるロボット」を開発 将来的に偵察・監視で活躍か

2023年09月07日(木)19時45分
自己消滅するロボットのイメージ

「必要なときに機械装置を自己破壊させる方法」はこれまでにも様々な手法で考案されている(写真はイメージです) iLexx-iStock

<自ら溶けて液体だけが残るロボットはどのようなメカニズムで実現したのか。ソウル大チームが主張する研究の意義と将来的な活用の可能性について、他にも最近話題となったスパイロボットの事例とあわせて概観する>

諜報ミッションは、相手に自分の活動を悟られないことが最も重要です。スパイをする者がヒトであれロボットであれ、自分がその場にいたことや、何を知ったのかを相手に知られないことは、重要な情報を入手すること以上に重大かもしれません。

韓国ソウル大のロボット工学者たちは、使用後に自ら溶けて液体だけが残るロボットの開発に成功しました。スパイロボットなどへの応用には時間がかかりそうですが、遠隔操作などを必要とせずにボディを溶かす方法を考案したことは、大きな意義があります。

研究成果は、世界で最も権威のある学術誌の1つである「Science」誌などを刊行する米国科学振興協会(AAAS)のオープンアクセス学術誌「Science Advances」に先月25日付で掲載されました。

「自己消滅ロボット」は、どのようなメカニズムで実現したのでしょうか。この韓国のロボット以外にも、最近、話題となったスパイロボットやロボットの消滅方法にはどんなものがあるのでしょうか。概観しましょう。

Amazonは自爆できる配達用ドローンを開発

近年、偵察や監視に活用が期待されているロボットには、超小型、環境一体型、生物機能模倣型などがあります。

米ハーバード大は、20年ほど前から小さな昆虫型飛行ロボットを研究しています。07年には重量60ミリグラム、翼長3センチのハエ型ロボット、15年には飛ぶだけでなく泳ぐ機能も持った重量100ミリグラム、翼長3センチのハチ型ロボットの開発に成功しました。カメラを搭載すればスパイ活動だけでなく、被災地で超小型ドローンとして役立てられると考えられています。

また、「スパイロボット」のカテゴリーに入れられていますが、軍事目的とは一切関係なく、自然動物の監視に特化したロボットも話題となっています。英放送局BBC Oneは動物ドキュメンタリー番組『Spy in the Wild』のために、カメラとマイクを搭載した動物型スパイロボットを30種類以上も開発しました。たとえば、ゾウの皮膚に付いた虫や皮脂をついばんで掃除する「アマサギ」にそっくりのロボットを使って、ゾウの群れに大接近して貴重な映像を撮影し、生態を明らかにすることができました。

今回、ソウル大チームが開発に用いたのは、生物のように繊細でしなやかな動きができるソフトロボットです。素材に柔軟性のあるものを使用し、センサーやプログラムで高度な制御をすることで、従来のハードロボットでは入り込めないような隙間に潜ったり、物体を優しくつかんだりすることができます。

ソフトロボットは、単に柔らかいというだけでなく、生物の様々な機能を模倣しています。これまでも環境に対応した臨機応変な動きをしたり、自己増殖や自己修復などをしたりする生物機能模倣ロボットはありましたが、「生物の死(死体の分解による風化・消滅)」を真似ることは困難でした。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)、ニューズウィーク日本版ウェブの本連載をまとめた『ビジネス教養としての最新科学トピックス』(2023年、集英社インターナショナル)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は小幅続落、一時300円超安 米株先

ビジネス

日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=トヨタ会

ビジネス

台湾鴻海、中国・鄭州に新事業本部建設へ 10億元投

ビジネス

ノボノルディスクの肥満症薬、英で心血管リスク低減向
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story