コラム

アポロ計画に果たせず、アルテミス計画に期待されること 月面探査の歴史とこれから

2022年09月06日(火)06時05分
新型ロケットSLSと宇宙船「オリオン」

ケネディ宇宙センターの発射台に設置された新型ロケットSLSと宇宙船「オリオン」、夜空には満月が浮かんでいる(6月14日、フロリダ州) NASA

<全体的に2年ほど先送りになっているアルテミス計画だが、ここにきてなぜ急がれるようになったのか。計画の詳細、月面探査の歴史、アポロ計画との違いを紹介する>

米航空宇宙局(NASA)は現在、「アルテミス1」のロケット打ち上げに取り組んでいます。もともとは日本時間の8月29日に打ち上げられる予定でしたがエンジンに問題が発生したため延期、4日未明の打ち上げも燃料漏れなどで再延期になりました。次の打ち上げ予定日について、NASAは今週に詳細を説明すると発表しています。

今回のミッションは、NASAが主導して欧州宇宙機関 (ESA) 、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 、カナダ宇宙庁 (CSA) 、オーストラリア宇宙庁 (ASA) などが参加する国際プロジェクトの有人月面探査計画「アルテミス計画」の第1弾です。

アルテミスとは、ギリシア神話に登場する月の女神の名前です。1969年から72年にかけて計6回の有人月面着陸に成功した「アポロ計画」の由来である太陽神アポロンと双子とされています。当初の計画では、2024年までに「最初の女性を、(アポロ計画以来の)次の男性を」月面に着陸させる予定でした。

アルテミス計画と月面探査について、概観しましょう。

スペースシャトルの後継

17年12月、ドナルド・トランプ米大統領(当時)は、月探査計画を承認する宇宙政策指令第1号に署名しました。それを受けて、19年5月にアルテミス計画の詳細が発表されました。

当初は20年に「アルテミス1」で月の無人周回飛行、22年に「アルテミス2」で有人周回飛行を実施。24年に「アルテミス3」で、初の女性飛行士を含む有人月面着陸を行うというスケジュールでした。

現在は全体的に2年ほど計画が先送りになっていますが、急ピッチで遅れを取り戻そうとしています。宇宙開発の研究者からは「最近、少し急ぎすぎているのではないか」と懸念の声も上がっています。

アルテミス計画が前のめりになる理由の一つとして考えられるのは、近年の月探査における中国の台頭です。13年に月面着陸に成功すると、19年には世界で初めて月の裏側に着陸。20年には、中国初のサンプルリターンに成功しました。アメリカは月探査のフロンティアとして負けられないと、焦りがあるのかもしれません。

最新の予定では、直近に打ち上げるアルテミス1で無人状態での月飛行の安全性が確認されれば、24年にはアルテミス2、25年にはアルテミス3が実施されます。アルテミス3の前に民間宇宙開発企業によって月周回軌道上に小型宇宙ステーション「ゲートウェイ(Gateway)」を設置して、月面着陸に臨む宇宙飛行士らの拠点にする計画もあります。

アルテミス1で打ち上げられる新型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」は、81年から11年まで135回打ち上げられて退役したスペースシャトルの後継機の位置付けです。宇宙飛行士と探査船などの装置を目的地へ運ぶ役割を果たします。直径8.4メートルの二段ロケットで、エンジンを5基に増加すると最大で130トンを積載することが可能です。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な

ワールド

アングル:経済危機のスリランカから医師流出止まらず
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story