コラム

生魚の寄生虫アニサキス、古今東西の日本に見る予防対策

2022年07月05日(火)11時30分
激しい腹痛を引き起こす「アニサキス症」

酢や塩漬けでもダメ。醤油やわさびを付けても幼虫は死滅せず、シメサバに調理しても予防にはならない(写真はイメージです) y-studio-iStock

<日本の食中毒の原因として最も多いアニサキス。効果的な治療薬はないというが、どう予防・対策すればいいのか? 古くからの食文化、最新の研究成果に学ぶ>

食欲が落ちる夏季に食べる魚介類は、刺身やイカそうめんなど喉越しのよい清涼感のあるものが人気です。けれど生食は、適切な処理を施さないと食中毒を起こす場合があります。

最近、元AKB48の板野友美さんが罹患してニュースになった「アニサキス症」も、サバ、イカ、カツオなどに見られる寄生虫が原因の食中毒です。アニサキスの生活環や食中毒を起こさないための知識、最新の研究事情を紹介します。

日本近海だけで約160種の魚介類に寄生

板野さんは先月26日、YouTubeに「激痛に襲われ緊急で病院に行くことになりました」と題した動画を投稿しました。激しい胃痛で病院に行くと、最初は十二指腸潰瘍と診断されて薬を処方されます。けれど薬は効かず、夜も眠れないほどの痛みが続くために再度病院へ。2日前に寿司を食べたことを告げると内視鏡検査(胃カメラ)をすることになり、アニサキスが1匹発見されます。胃からアニサキスを引っ張って除去するときも、「激イタ」で大変だったそうです。

食中毒の原因となるアニサキスは、正確にはアニサキスの幼虫です。長さ2~3センチ、幅0.5~1ミリの白色・糸状の見た目で、肉眼で確認できます。日本近海だけでも約160種の魚介類に寄生することが知られており、魚介類が死亡すると幼虫が内臓から筋肉に移動します。

アニサキスは、①卵が海を漂う、②海中で孵化してオキアミなどに食べられる、③オキアミを食べた中間宿主(サバ、イカ、カツオなどの魚介類)に幼虫の状態で寄生する、④中間宿主を食べた終宿主(イルカ、クジラなどの海洋哺乳類)の体内で成虫となり産卵する、⑤終宿主の糞便で海中に卵が放出される、という一生を送ります。

人がアニサキスの幼虫がいる魚介類を生で食べると、幼虫が胃壁や腸壁に頭部を潜入させて激しい腹痛を引き起こしたり、アレルギー反応を起こしたりすることがあります。

「急性胃アニサキス症」では、食後数時間後から十数時間後に、みぞおちの辺りに激しい痛み、悪心、嘔吐を生じます。アニサキスアレルギーでは、蕁麻疹が主症状ですが、血圧降下や呼吸不全、意識消失などのアナフィラキシー症状を示す場合もあるといいます。基本的に治療薬はなく、胃にアニサキスが確認されたらば内視鏡を使って鉗子で除去、それ以外では対症療法が中心となります。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

キーワード

ニュース速報

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏邸宅宅捜索

ビジネス

ロシア、第2四半期成長率マイナス4.0%=統計局

ワールド

中国習主席、米大統領と11月直接会談へ 3年ぶり外

ワールド

欧州熱波でライン川水位低下、大型船航行不能 物流阻

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中