コラム

北海道で高病原性鳥インフルエンザが猛威 ヒトへの感染リスクと影響は?

2022年04月19日(火)11時20分
養鶏場

感染したニワトリと同じ養鶏場内の個体はすべて殺処分されるため、養鶏農家にとっては大打撃(写真はイメージです) Ruslan Sidorov-iStock

<キツネにタヌキ、エミューのウイルス感染を確認──高病原性鳥インフルエンザの発生は、なぜ大きなニュースになるのか。ウイルスの特性、季節性インフルエンザとの違い、養鶏農家への影響、ペットへのリスクを紹介する>

4月に入ってから、北海道で高病原性鳥インフルエンザが猛威を振るっています。とりわけ、今までに国内では感染が確認されなかった動物から、高病原性鳥インフルエンザウイルスの陽性が判定されて、関係者の警戒感が高まっています。

環境省は4日、札幌市内で3月末に回収されたハシブトガラス5羽とキタキツネ1匹を北海道大で検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認されたと発表しました。哺乳類で同ウイルスが検出されるのは国内で初めてです。キタキツネが感染したカラスを食べたことが原因とみられています。さらに8日には、札幌市内で見つかった衰弱したタヌキ1匹も、高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが分かりました。哺乳類で2例目です。

15日には、網走市の農場から「エミュー(ダチョウに似た大型の鳥)が複数死んでいる」と通報があり、翌日に高病原性疑いの鳥インフルエンザと確認されました。農林水産省によるとエミューの感染確認は国内初で、エミュー500羽と同一農場内にいるニワトリ100羽の殺処分が始まりました。

同日には、約52万羽を飼育する白老町の養鶏場でも陽性個体が確認されました。北海道は自衛隊に災害派遣を要請し、同養鶏場のすべてのニワトリの殺処分を開始しました。ちなみに高病原性鳥インフルエンザ疑いのニワトリは、8日に北海道からほど近い青森県横浜町の養鶏場でも現れており、既に約16万羽が殺処分されています。

高病原性鳥インフルエンザの発生は、なぜ大きなニュースになるのでしょうか。①パンデミック・インフルエンザ(新型インフルエンザ)との関係、②養鶏農家への打撃、③ペットへのリスクを見ていきましょう。

ヒトにも感染するのは、鳥やブタ由来のウイルスの一部

鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥の病気です。そのうち、ニワトリが感染すると高確率で死亡するものを高病原性鳥インフルエンザと呼びます。

鳥インフルエンザウイルスは、もともとはカモなどの野生の水鳥が腸内に持つウイルスです。ウイルスは水鳥には悪さをしませんが、水鳥から家禽(ニワトリやアヒルなどの家畜の鳥)に感染するようになって、家禽に対して神経症状や呼吸器症状をおこすウイルスへ変異が起きるようになりました。

A型インフルエンザは、多様な動物種が罹患することで知られています。ブタ、イヌ、ウマ、クジラ、アザラシなどの動物もインフルエンザにかかります。全てのA型インフルエンザの起源は鳥インフルエンザウイルスと考えられており、鳥のウイルスがブタを介してヒトに感染したことが、ヒトのインフルエンザの起源とされています。とはいえ、今のところヒト以外のインフルエンザウイルスでヒトにも感染するものは、鳥やブタ由来のウイルスの一部です。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

世界のロシア向け半導体輸出、同盟国との規制で9割減

ワールド

ロシア大統領、NATOが北欧2国に軍備なら「相応の

ワールド

2022年の中国成長率は3.3%、S&Pが今年2回

ワールド

ロシア、ノルウェーに報復警告 「北極圏の集落に物資

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 7

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 8

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中