コラム

死の間際の「走馬灯」は実在する? 世界初の脳波詳細記録と臨死体験の研究史

2022年03月08日(火)11時25分
脳内で展開する走馬灯のイメージ

死の前後の30秒間、夢を見たり記憶を呼び起こすといった高度な認識作業を脳が行っている可能性がある(写真はイメージです) ifc2-iStock

<臨死体験がオカルトや非科学的な話でなくなったのはいつから? 走馬灯を見る人には特徴がある? 「人生が走馬灯のように見える」は、科学的にどう説明されるのか>

臨死体験(Near Death Experience)の報告などから、人は死の間際に走馬灯のように様々な思い出が映像として見えると広く信じられています。

カナダ、中国、アメリカなどから成る研究チームは先月22日、偶然に記録できた死の前後30秒の脳波を解析したところ、実際に死の直前には短時間で多くの記憶が呼び起こされている可能性があると発表しました。「人生の走馬灯」は、どのように科学的に説明されているのかを解説します。

臨死体験が「オカルト」「作り話」ではなくなるまで

臨死とは、生死をさまよったり、いったん死んだと思われた人が再び生き返ったりすることです。これまでに行われた調査では、心停止から蘇生した人の約1割が、これまでの人生がフラッシュバックされた(走馬灯の体験)、ベッドに横たわる自分の姿を体外から見た(体外離脱)、光のトンネルや死後の世界を見たなどの経験を語っています。

臨死体験の研究は1892年、スイスの地質学者のアルベルト・ハイムが「登山時の事故で臨死体験をした」と発表したことにさかのぼります。20世紀初めにはアメリカの心霊研究家やイギリスの物理学者が研究しましたが、その後、1970年代までは目立った研究はありませんでした。

1975年になると、医師のエリザベス・キューブラー=ロスが『死ぬ瞬間』(邦訳・読売新聞社ほか)、医師で心理学者のレイモンド・ムーディが『かいま見た死後の世界』(邦訳・評論社)を出版したことで、臨死体験が再び注目されるようになりました。とくに『死ぬ瞬間』は、医師という専門家が約200人の臨死患者に聞き取りして統計的にアプローチしたもので、それ以降、医学専門誌などにも臨死体験に科学的なアプローチを試みた論文が掲載されるようになります。

2001年には、オランダの医師ヴァン・ロンメルによる344名の心停止患者を対象とした臨死体験の調査が、世界四大医学雑誌に数えられる「ランセット」に掲載されました。臨死体験は、もはやオカルトや非科学的な作り話ではなくなったのです。

日本で臨死体験の研究が脚光を浴びるようになったのは、昨年亡くなったジャーナリストの立花隆さんの功績が大きいでしょう。1991年のNHKスペシャル「立花隆リポート 臨死体験〜人は死ぬ時 何を見るのか〜」と1994年に出版された『臨死体験』(文藝春秋)で、臨死体験という訳語と最新の研究が一般にも知られるようになりました。

2000年代に入ると医学技術の発達により、心肺停止から蘇生する人の数はかつてよりもさらに増えました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

ワールド

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで

ビジネス

米国株式市場=大幅続伸、積極利上げ観測後退

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 4

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 9

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 10

    こっそりカンボジアに拠点を作った中国人民解放軍に…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中