最新記事

英王室

ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

Will Prince William Be King? ‘Work-Shy’ Allegations Prompt Speculation About End Of The Royal Family

2017年3月16日(木)14時04分
ジェーソン・ルミエール

英軍人とのパーティーに出席したウィリアム王子(3月9日) Alastair Grant-REUTERS

<チャールズ皇太子を飛び越えて国王になる可能性もあるウィリアム王子のさぼり癖が露呈して、英王室の未来は危ういと嘆く声も>

英王室の王位継承順位で第2位のウィリアム王子。不人気なチャールズ皇太子に代わって、飛び越し即位の可能性も取り沙汰されているが、たびたび問題になるのが「公務嫌い」だ。34歳の王子は今週初め、スイス・アルプスで仲間たちとスキー旅行を満喫。羽目をはずした豪遊ぶりが問題になり、この調子では英王室の未来は危ういとの声まで上がっている。

【参考記事】英女王の体調不良で「次は誰?」のざわめき

何が不評を買ったのか。ウィリアム王子が仲間たちと訪れたのはスイスの高級リゾート地、ベルビエ。昼間からゲレンデでビール、ワイン、若者の間で大流行りの強烈な酒「イェーガーボム」付きのランチパーティーを楽しみ、ディナーの後はナイトクラブに繰り出して、朝までどんちゃん騒ぎをしたという。パーティーには若い女性たちも加わった。その1人、オーストラリア出身のセクシーなモデル、ソフィー・テイラーが王子とゲレンデでハイタッチする場面が盗み撮りされ、大衆紙が一斉にこのネタに食いついた。ナイトクラブで90年代の懐メロに合わせて乗り乗りで踊る王子の姿も、クラブの客たちにスマホで撮影され、ネット上にリークされた。

圧倒的に少ない「勤務日」

ウィリアム王子の妻、キャサリン妃はこの旅行には同行せず、ロンドンのケンジントン宮殿で幼いジョージ王子、シャーロット王女と共に過ごしたと、大衆紙サンは報じた。

【参考記事】英ウィリアム王子がゲイ向け有力誌の表紙に

だが問題になっているのは妻子を置いて遊びに行ったことではない。ウィリアム王子がスイスで羽根を伸ばしている頃、ロンドンのウェストミンスター寺院ではコモンウェルス・デー(英連邦記念日)の式典が執り行われ、英王室の主立ったメンバーが勢揃いしていた。

【参考記事】トランプ「異例の招待」に英国民猛反発でエリザベス女王の戸惑い

王室の報道官はウィリアム王子もキャサリン妃もこの式典に出席する予定はなかったと強調したが、「式典をさぼるとはけしからん!」の声は収まらない。サンの一面には「さぼり王」との見出しが躍り、ウィリアム王子はまともに公務を務める気があるのかと、大衆紙は連日一面トップでこの問題を報じている。

【参考記事】習近平主席訪英の思惑――「一帯一路」の終点

ウィリアム王子は、公務を行った日数も少ない。今年に入ってからはたった13日。高齢のエリザベス女王がこなした24日より大幅に少なく、弟のハリー王子と比べても4日少ない。昨年、女王はなんと332日も公務を果たしたが、ウィリアム王子はわずか188日だ。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 4

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 5

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 6

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 7

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 8

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 9

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 10

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月