最新記事

英王室

ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

Will Prince William Be King? ‘Work-Shy’ Allegations Prompt Speculation About End Of The Royal Family

2017年3月16日(木)14時04分
ジェーソン・ルミエール

英軍人とのパーティーに出席したウィリアム王子(3月9日) Alastair Grant-REUTERS

<チャールズ皇太子を飛び越えて国王になる可能性もあるウィリアム王子のさぼり癖が露呈して、英王室の未来は危ういと嘆く声も>

英王室の王位継承順位で第2位のウィリアム王子。不人気なチャールズ皇太子に代わって、飛び越し即位の可能性も取り沙汰されているが、たびたび問題になるのが「公務嫌い」だ。34歳の王子は今週初め、スイス・アルプスで仲間たちとスキー旅行を満喫。羽目をはずした豪遊ぶりが問題になり、この調子では英王室の未来は危ういとの声まで上がっている。

【参考記事】英女王の体調不良で「次は誰?」のざわめき

何が不評を買ったのか。ウィリアム王子が仲間たちと訪れたのはスイスの高級リゾート地、ベルビエ。昼間からゲレンデでビール、ワイン、若者の間で大流行りの強烈な酒「イェーガーボム」付きのランチパーティーを楽しみ、ディナーの後はナイトクラブに繰り出して、朝までどんちゃん騒ぎをしたという。パーティーには若い女性たちも加わった。その1人、オーストラリア出身のセクシーなモデル、ソフィー・テイラーが王子とゲレンデでハイタッチする場面が盗み撮りされ、大衆紙が一斉にこのネタに食いついた。ナイトクラブで90年代の懐メロに合わせて乗り乗りで踊る王子の姿も、クラブの客たちにスマホで撮影され、ネット上にリークされた。

圧倒的に少ない「勤務日」

ウィリアム王子の妻、キャサリン妃はこの旅行には同行せず、ロンドンのケンジントン宮殿で幼いジョージ王子、シャーロット王女と共に過ごしたと、大衆紙サンは報じた。

【参考記事】英ウィリアム王子がゲイ向け有力誌の表紙に

だが問題になっているのは妻子を置いて遊びに行ったことではない。ウィリアム王子がスイスで羽根を伸ばしている頃、ロンドンのウェストミンスター寺院ではコモンウェルス・デー(英連邦記念日)の式典が執り行われ、英王室の主立ったメンバーが勢揃いしていた。

【参考記事】トランプ「異例の招待」に英国民猛反発でエリザベス女王の戸惑い

王室の報道官はウィリアム王子もキャサリン妃もこの式典に出席する予定はなかったと強調したが、「式典をさぼるとはけしからん!」の声は収まらない。サンの一面には「さぼり王」との見出しが躍り、ウィリアム王子はまともに公務を務める気があるのかと、大衆紙は連日一面トップでこの問題を報じている。

【参考記事】習近平主席訪英の思惑――「一帯一路」の終点

ウィリアム王子は、公務を行った日数も少ない。今年に入ってからはたった13日。高齢のエリザベス女王がこなした24日より大幅に少なく、弟のハリー王子と比べても4日少ない。昨年、女王はなんと332日も公務を果たしたが、ウィリアム王子はわずか188日だ。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮がミサイル発射、失敗との見方 「内陸部に落下

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル発射、同国内陸部に落ち失敗のも

ワールド

北朝鮮問題で安保理閣僚級会合、米国「今こそ行動すべ

ビジネス

弱いGDPで小安い、アマゾンとアルファベットは最高

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほうが危ないから

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正常に発育

  • 4

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    トランプ、韓国を攻撃「FTA見直し、THAAD導入費負担…

  • 8

    チャリ通は長寿の秘訣。がんや心臓疾患のリスクが4割減

  • 9

    義を見てせざるは習近平、朝鮮有事に勇気なし

  • 10

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 9

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月