最新記事

トレーニング

ジム通いもプロテインも不要な「塀の中の筋トレ法」が日本上陸

2017年8月25日(金)11時52分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

そこからじっくりと段階を上げていけば、ステップ5に差しかかった頃には、下記のような境地に至れるらしい。


モチベーションが沸騰している。そして、水中でプッシュアップしているように抵抗が少ない。ここでも自分をフル・プッシュアップに捧げる。痛みがないので、1レップに集中できる。フォームも崩れない。1レップに愛情を注ぎ、フォームを完璧なものに仕上げていく。本人は気づいていないが、この姿勢が彼をさらに強くしていく。(297~298ページ)

それにしても、最高難度に設定された、片腕だけのワンアーム・プッシュアップは、えげつない過酷さだ。普通の男なら0回でギブアップだろう。一度ひじを曲げたが最後、そのまま床に顎を打ちつける。ステップ1からの順序を遵守すれば、いつかできるようになるのだろうか。

convictbook170825_5.jpg
convictbook170825_6.jpg

ステップ10のワンアーム・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』91ページ)

それすらも難なくこなせるようになった猛者ならば、ジョーお得意の片親指プッシュアップ(ワンサム・プッシュアップ?)に挑戦してほしい。

しかも、本書では「その先へ」と題して、究極難度のプッシュアップが紹介されている。98ページ掲載の「プランク」に至っては、テレビで観かける体操選手以外で、できる人がいるのかと信じられないぐらいだが、全身をバランスよく鍛え上げて「ビッグ6」を極めれば、不可能ではないのだろう。

convictbook170825_7.jpg

プランク(『プリズナートレーニング』98ページ)

あなたのその体の中に、数え切れないほどの難関が次々と待ち構えている。それがキャリステニクスの奥深さである。

無の中に、有を見いだす。真の幸せを、内なる原点に求める。その点でキャリステニクスは、東洋人の感覚でも自然と受け入れやすい筋トレ法といえる。

もちろん、尊敬できるトレーナーや同好の友との出会いを得やすいなど、ジム通いにも大きな長所があるのは確かだ。しかし、かっこよく健康的な体を得るのに、ジム通いしか選択肢がないという認識が間違いであると、本書は雄弁に物語っている。


『プリズナートレーニング――
 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ』
 ポール・ウェイド 著
 山田雅久 訳
 CCCメディアハウス

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮が自賛する「国産装置」、兵器開発の立役

ビジネス

情報BOX:緊迫するNAFTA再交渉、3カ国の主な

ビジネス

日米経済対話、米自動車輸出の一部巡り騒音試験簡素化

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月