最新記事

経済統計

中国の成長率は本当は何パーセントなのか?

China Statistics

中国の景気先行き不安で神経質になっている世界の投資家が最も知りたい数字を求めて

2015年10月6日(火)17時30分
丸川知雄(東京大学社会科学研究所教授・中国経済)

疑わしきは 工業製品の生産量の伸びと工業全体の成長率が大きく乖離 REUTERS

 中国経済に対する不安感が世界に広がっている理由の一つは中国当局が公表する数字が疑わしいことにあります。中国政府が発表した2015年上半期の国内総生産(GDP)成長率は7.0%。年初に立てた目標値どおりの結果で、決して低い成長率ではありません。ならば中国政府は経済は目標どおり順調に推移しているとして涼しい顔をしていてもよさそうなものですが、実際には2014年11月から15年8月まで5回も金利と預金準備率を引き下げたり、公共事業を積み増すなど景気刺激に躍起になっています。本当は中国政府は経済がもっと悪いと思っているのではないかという疑念が広がっても当然です。

 私も2015年1-3月のGDP成長率(7.0%)が発表された時にきわめて疑わしいと思い、1-6月の成長率やその他の統計を見てますます疑念が深まりました。私は中国の統計などデタラメだ、という立場に立つものではありませんが、今年のGDP成長率に限って言えば粉飾があるとにらんでいます。

 では2015年上半期の本当の成長率が7%より低かったのだとしていったいどれぐらいなのでしょうか。私の推計結果はズバリ5.3%です。どうしてこのような結果になったかを説明する前に中国の統計の特徴について説明しましょう。

農業生産と工業生産の統計や正確

 中国の経済統計の特徴は農業生産と工業生産に強いことです。ちなみに中国における工業とは鉱業、製造業、電力・ガス・水道業を含みます。計画経済を遂行するためには農業と工業の生産を正確に把握する必要があったため、1950年代からこれらの生産量については統計をとってきました。そうした流れから、市場経済体制に移行した今でも農業と工業に関しては非常に詳しく統計がとられています。私は自動車産業統計の生データを分析したことがありますが、120社以上もあるメーカーのすべてについて、経営不振で年8台しか車を生産していないみじめなメーカーに至るまで1台単位で生産量が把握されています。

ニュース速報

ビジネス

ECBに過剰負担の恐れ、政府も成長促進へ行動を=仏

ビジネス

米国、G20で成長促進・低中間層への配慮呼びかけ=

ビジネス

中国、経済目標達成は困難伴う―国家発展改革委員会=

ビジネス

8月米ADP民間雇用者数は17.7万人増

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 6

    人民が党の真相を知ったら、政府を転覆させるだろう――1979年、胡耀邦元総書記

  • 7

    住民に催涙弾、敵前逃亡、レイプ傍観──国連の失態相次ぐ南スーダン

  • 8

    中国、杭州G20会議の脱線を警戒 経済大国としての立場確立狙う

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 1

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 2

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 5

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 6

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 7

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 8

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 9

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 10

    インドネシアが南シナ海に巨大魚市場──対中強硬策の一環、モデルは築地市場

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 7

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月