コラム

このシンプルさの中に、日系人のアイデンティティーが息づく

2016年02月09日(火)11時05分
このシンプルさの中に、日系人のアイデンティティーが息づく

東京・浅草寺の市場界隈の閉じたシャッター From Kevin J. Miyazaki @kevinmiyazaki

 写真には、しばしば意図していなくても、社会的現象や撮影者のアイデンティティーが付随してくる。才能ある写真家の場合はとりわけそうだ。日系アメリカ人4世のケヴィン・ミヤザキもその1人。生まれも育ちも米中西部のウィスコンシン州という彼は、エディトリアル・フォトグラファーであり、アーティストでもある。また、同州にあるミルウォーキー・インスティテュート・オブ・アート&デザインで教鞭もとっている。

 作品スタイルは、インダストリアルでコンセプチュアルな、ミニマリズムと言っていい。仕事ではポートレイト、食べ物、旅行関係の写真を多く撮っていて、無駄を省いたシンプルさが光っており、乾いた感じも漂う。

 一見したところでは、日本で学生運動の反動として70年代~80年代中頃に広告と雑誌がリードした"生活臭のない空気感"、言いかえれば、当時の日本人が勝手に思い描いていたアメリカのイメージに近いように思えるかもしれない。

 だが、そうした表面的な匂いとは裏腹に、彼の写真の多くには、人間の歴史そのものが持つ生活感が息づいている。インスタグラムについては、ミヤザキ自身、作品というよりは、ランダムに観察・記録するパーソナルなものと言っているのだが、それにもかかわらず、彼自身のアイデンティティーと、世代を超えた過去の記憶が見え隠れしている。

 たとえば、下で紹介する"Thinking about mountains"はそうした写真の1つだ。 撮影場所はシカゴ。日本の富士山とワシントン州にあるレーニア山とを思い描いて撮ったものである。ワシントン州は、彼の父方の祖母たちが日本から移り住んだ場所だ。その後、日系2世である父親は、ワシントン州を離れ、結婚した3世の母とともにウィスコンシン州に移って行った。

Thinking about mountains.

Kevin J. Miyazakiさん(@kevinmiyazaki)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

焦点:中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出か

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 3

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!