コラム

こうすれば築地・豊洲問題は一発で解決!

2017年06月16日(金)15時40分
こうすれば築地・豊洲問題は一発で解決!

築地は世界に知られる日本の「おいしい」の代名詞 Issei Kato-REUTERS

<市場移転の議論が大詰めを迎えているが、豊洲行きにみんなが気乗りしないのはイメージの問題も大きい。それなら僕からとっておきの提案がある>

築地か豊洲か。それとも両方を活かす「アウフヘーベン」か。市場の移転をめぐる論争がますます過熱しているが、よければ僕からの提案をぜひ議論に加えてください。

築地は世界で知られている、日本の「おいしい」の代名詞。そのブランド力を捨てるわけにはいかない。ただ施設の老朽化も進み、食の安全を守るためにも移転計画が進められている。

移転先には最先端の技術を駆使したピカピカの新市場が待っているが、なかなか豊洲移転に都民は気乗りしていない。当然だ。地下水からは基準値100倍もの有害物質が検出されている。「人体に影響はない」「食の安全は保障できる」と言われても気持ちは晴れない。

これがイメージの格差。築地にも土壌汚染がある。汚水もある。水漏れもある。ないものは冷房ぐらいだ。常温の空間で鮮魚を売るのは先進国ではまず他で見ない。でも、築地は国内外で愛されている「食の聖地」とされる。

【参考記事】政治活動にほとんど参加しない日本の若者

一方、豊洲は聖地より地獄に近いイメージ。1年以上ずっと「豊洲問題」が大きく取り沙汰されているため、「豊洲=問題」という認識になったせいかもしれない。

でも冷静に考えると、地下水が食材に触れることもなかろう。空調、盛り土などの安全対策で科学的な問題は解決できるはず。(とりあえず、維持費の赤字や家賃設定などの 「価額」的な問題は別にしておこう)。残る課題はイメージ対策だ。

豊洲は築地からわずか3キロ余りしか離れていないし、市場が移転しても、同じ漁師が釣った魚を同じ卸業者が販売するとしたら、その味に変わりはないはず。でも、お寿司屋さんの看板に「築地直送」と書いてあれば食欲が湧くのに対して、「豊洲直送」となっていたら、たぶん暖簾をくぐらないだろう。これは論理よりイメージの問題ではないか。
 
そこで提案だ――豊洲市場を「新築地市場」と命名したらどうだろう?
 
昔ながらのブランド力を21世紀の設備に持ち込むのだ。これはなかなかおいしそうな響きではないだろうか。「新築地直送」と書いてあるお寿司屋さんには入る気になりそう。なんとなく、ネタの鮮度がさらに高い気がする。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

米西部で高速旅客列車が脱線、複数の死者 約100人

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    「日本のメスザルは性的意図でシカ相手に疑似交尾」…

  • 5

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    このクジラの写真は、最大公約数的な海洋写真とは違う

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!