コラム

講談社『中国の歴史』も出版した中国の「良心的出版人」が消えた

2016年06月22日(水)16時28分
講談社『中国の歴史』も出版した中国の「良心的出版人」が消えた

REUTERS

<5月、知識人の間で高く評価され、理想を追求する良心派だった広西師範大学出版社の何林夏氏が逮捕された。まだ謎の多い事件だが、なぜ彼は当局に「消された」のか> (写真は本文と関係ありません)

 山水画のような景色で有名な桂林がある中国の広西チワン族自治区といえば、経済発展のレベルからすれば、真ん中よりかなり下のほうにある、というイメージが強い。文化的にはもっと評価は低いかも知れない。そんな広西・桂林に本社を置く「広西師範大学出版社」は、この10数年、「理想国」などのブランドを打ち出してほかの出版社が手を出さない良書や問題作を次々と世に問うことで中国の出版界を席巻し、知識人の間で高い人気と信用を築いてきた。講談社の大著シリーズ『中国の歴史』も翻訳出版し、一昨年に大ヒットさせたことで日本の出版界で話題になった。中国でこれまで3冊本を出している私も、いつか「理想国」で本を出してみたいと内心期待していた。

 ところが、その広西師範大学出版社を引っ張ってきた伝説的な出版人である同社前会長の何林夏氏が、この5月、広西チワン族自治区人民検察に収賄の疑いで逮捕された。中国の出版界に強い衝撃が走ったことは言うまでもない。何氏は、広西師範大学出版社を、桂林にある地方の一出版社から売り上げが全国の大手10位に入るほどの全国ブランドに一手で押し上げた。「理想国」「魔法象」「新民説」などのブランドを打ち出し、今年始めには2015年の中国出版界で最も活躍した人物を表彰する「年度出版人」に選ばれたばかり。そんな出版人にいったい何が起きたのだろうか。

 今回の事件の詳細はほとんど公表されておらず、実情は定かではない。この件について、最も詳しい報道を行った中国のメディア「鳳凰網」の記事などによると、大半の同社社員は「詳しいことは知らない」「答えられない」と口をつぐむのみ。同社に厳しい箝口令が敷かれていたという。

【参考記事】香港名物「政治ゴシップ本」の根絶を狙う中国

 何氏は広西師範大学の研究者だったが、1994年に同社に入社し、編集者となった。能力を買われ、1998年に編集長に起用され、2008年から社長を兼務した。分かっているのは、すでに何氏は逮捕されており、一緒に長年同社を引っ張って来た女性編集長も免職されていることだ。何氏は理想を追求する良心派の出版人で、タバコも酒もやらず、車にも乗らずに徒歩で出勤するなど、昨今中国で急増したすぐに腐敗するタイプの幹部ではなかった。非常にゆるやかに社員を管理し、どんな本でも社員が作りたいといえば基本的に応援し、組織の上からのプレッシャーには自分が責任を持って押し返す、という仕事ぶりだったという評判が広く語られている。

プロフィール

野嶋 剛

ジャーナリスト
1968年、福岡県生まれ。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学に留学。1992年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学の後、2001年からシンガポール支局長。その間、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験する。政治部、台北支局長(2007-2010)、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。中国、台湾、香港、東南アジアの問題を中心に執筆活動を行っており、著書の多くが中国、台湾でも翻訳出版されている。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)『銀輪の巨人』(東洋経済新報社)『チャイニーズ・ライフ』(訳書・上下巻、明石書店)『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)『故宮物語』(勉誠出版、2016年5月)『台湾とは何か』(ちくま新書、2016年5月)。

ニュース速報

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

ビジネス

景気拡大継続へ、弱い基調インフレで緩和は当面維持=

ワールド

英高層公営住宅の火災、火元は米ホットポイント製冷蔵

ワールド

アングル:海自の護衛艦いずも、九段線に接近 レーダ

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選が試金石に

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 8

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 9

    アマゾンのホールフーズ買収は止めるべきか

  • 10

    気になるCMを連発、旅行サイト「トリバゴ」の意外な…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!