コラム

大津いじめ事件を歪曲する罪

2012年08月02日(木)14時25分

「お祭り騒ぎ」――これが先月、中2いじめ自殺事件の渦中にある大津市の中学校を訪れたときの印象だ。ただし騒いでいると感じたのは、大津市でも、問題の中学校でもない。現地を訪れて逆に「祭」に見えたのは、ネットやマスコミでの騒動だ。

 大津市に取材に行ったのは、ネットで加害者生徒たちや担任教師の個人情報暴きが加速し、マスコミでも連日この問題がトップニュースで取り上げられていた最中のこと。そんな状況にあって、現地は驚くほど静まり返っていた。

 朝、問題の中学校を訪れると、生徒たちがマスコミを警戒するような神妙な面持ちで登校してくる。広いグラウンドには部活動の朝練をする生徒の姿もなく、校門には「本校関係者以外の方(報道関係者や一般の方)の校地内への侵入・取材をお断りいたします。 学校長」という張り紙が。生徒たちはこちらを見るとマスコミだとすぐにわかるらしく、一瞥して、たいていは目を合わせない。逆に「おはようございまーす」 とからかってくる男の子が1人だけ。茶髪の子や化粧っ気のある子は見かけず、一見すると純朴そうな普通の公立中学生たちだ。

  これが、あの「問題校」なのか? こうした疑問をぬぐえないまま取材を続けていると、何かを訴えるような気迫のある目をした男子生徒に出会った。いじめの現場を目撃した1人で、事件について話してもいいと言う。登校途中だったので時間を改めて取材することにして、自宅の電話番号だけを聞いた。すぐにその番号に電話をすると男子生徒の母親が出て、「息子はこれまでマスコミに話かけられても話さなかった。でも、『今度話しかけられたら、オレ、言うわ』と言っていた」と教えてくれた。いまだに保身に走るばかりの学校側に不審と不満が募り、マスコミに自分が知り得る限りの事実を話そうと思ったという。

  この生徒やその母親から話を聞いた印象では、ネットで膨れ上がった「問題校」というイメージとは違って、生徒たちは今回の事件を重く受け止めていた。生徒同士で「校長の言っていることに、誠意を感じられるか?」といった会話が飛び交い、学校が頼りにならない今、自分たちにできることは何かと真剣に考えている。生徒たちがマスコミに相次いで証言しているのも、自分たちの手で事実を明らかにし、加害者生徒に反省を促したいとの思いからだという。

 このような中学生を前にすると、ネットで加速する個人情報暴きはいじめを失くすことにつながるのかと、疑問を抱かずにはいられない。「いじめをなくすためのキャンペーン」というより、「暴くこと」自体を目的化してはいないか。学校に脅迫文を送ったり、加害者の親の勤め先(とされる場所)に嫌がらせをすることで、いじめはなくなるのだろうか。暴いて槍玉に挙げるだけの単なるバッシングは、いじめ問題を結局は「他人事」とみていることの表れではないか----。

 今回の大津の事件に関しては、一部メディアにもバッシングに便乗したのではないかと思える報道があった。ある女性週刊誌は、『中2自殺問題の中学校 11年前にも生徒がいじめで死んでいた』という自称「スクープ」記事を掲載。現在問題になっているA中学を「11年前からのいじめの巣窟」という構図に仕立て上げる記事だが、実際には11年前に犠牲となった青木悠くんは今回のいじめ事件の中学校を既に卒業していた「高校生」で、加害者は大津市内の別のB中学の5人。しかも今回のような学校での「いじめ」が原因ではなく、不良グループによる「集団暴行」で死亡した事件だった。

 このような描き方をしたのはメディアだけではない。自民党の片山さつき議員も7月21日付で「滋賀 大津 いじめ自殺事件について、2001年青木君リンチ殺人事件、欧米におけるいじめ。」と題するブログをアップし、「2001年の大津での青木君リンチ殺人事件は、凄惨なもので、加害者は少年院、その後賠償支払いとなりましたが、見張りにたった3人は、A中学生でした。」と書いた(片山議員のブログではAには中学校の実名入り)。片山議員が名指ししたのは今回問題になっている大津の中学だが、先にも述べたとおり11年前の加害者は見張り役の3人を含めて5人とも別のB中学なので、片山議員のブログは事実誤認も甚だしい。青木悠くんの母親に取材したところ、「事実と全然違う。何を見てこんなことを書いたのだろう」と困惑していた。

 さらに片山議員は、「この3人に対する賠償請求裁判は、最高裁までいきましたが、認められませんでした。その当時のA中学の校長が、現在の大津の教育長であることが、『ああやっぱりね』的に指摘されています。」とも書いているが、これは単なる「こじつけ」だろう。大津市教育委員会に確認したところ、澤村憲次教育長がA中学の校長を務めていたのは2006年4月~2008年3月と、見張り役3人(B中学)に対する裁判期間(2004年1月~2008年2月)と確かにかぶってはいる。ただし、教育委員会によれば澤村教育長が2001年の集団暴行事件の加害者が通っていたB中学の校長を務めた経歴はなく(つまり加害側との責任関係はない)、A中学を2000年に卒業してから1年後に亡くなった青木くんとも接点がない。澤村教育長がA中学の「関係者」だったことは事実だし、責任逃れとしか思えない言動を繰り返す教育長の肩を持つつもりは毛頭ないが、それでも澤村教育長と11年前の事件を結びつけるには無理がある。

 片山議員本人に電話でこの点を指摘したところ、「見張り役の生徒がA中学というのは、A中学の関係者から聞いた話。関係者から聞いたら信じてしまう。確認して間違いなら訂正するが、澤村教育長がA中学の校長をしていた期間に11年前の事件の裁判が行われていたのは事実」という回答だった。片山議員はブログで「最近のメディアの探偵以上の探査能力?から垣間見られる、滋賀なのか大津地域なのかの教育風土なるもの、、かなりゆるいのではないか?」と言うが、こじつけや間違った情報を元に滋賀や大津をひとくくりにすれば、今回の事件の本質を見失いかねない。

  昨年10月に大津市で自殺した少年の遺族は、「何があったのか事実を明らかにして欲しい」と切実に訴えていた。その事実というのは、興味本位で暴かれる個人情報や歪曲されたストーリーではなく、この学校で「自殺するほどのいじめがなぜまかり通ったのか」ということだろう。追究すべき問題を、見誤るべきではない。

――編集部・小暮聡子

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

ニュース速報

ワールド

マイクロソフトによるOS更新推奨、中国で批判高まる

ビジネス

4月日銀版コアコアCPIは+0.9%、15年7月以

ワールド

ベトナム、米大統領訪問中フェイスブックを制限=人権

ワールド

あらゆる抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」、米国

MAGAZINE

特集:アメリカとヒロシマ

2016-5・24号(5/31発売)

オバマが現職の米大統領として初めて広島を訪れる──。被爆地に注目が集まる今だからこそ耳を傾けるべき声がある。

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    「オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず」ホワイトハウスが発表

    伊勢志摩サミットで来日時に現職の米大統領として…

  2. 2

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  3. 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  4. 4

    サンダースが敗北を認めない民主党の異常事態

  5. 5

    歴史を反省せずに50年、習近平の文化大革命が始まった

  6. 6

    【動画】ドローンを使ったマグロの一本釣りが話題に

  7. 7

    北朝鮮がアフリカに犯罪者数百人を「輸出」疑惑

  8. 8

    行動経済学はマーケティングの「万能酸」になる

  9. 9

    イランがホロコースト風刺画コンテスト、シャルリ・エブドへの報復

  10. 10

    全国の企業で遅れるエアコン点検義務への対応

    担当者も対象機種や具体的な実務を理解していない…

  1. 1

    オバマ大統領の広島訪問が、直前まで発表できない理由

    ジョン・ケリー米国務長官は今月11日、G7外…

  2. 2

    中国が文革の悪夢を葬り去れない理由

    今年で文化大革命が始まって50年だが、中国政府は…

  3. 3

    安倍首相の真珠湾献花、ベストのタイミングはいつか?

    <オバマ米大統領の広島訪問に対応する形で、安倍…

  4. 4

    パナマ文書問題、日本の資産家は本当に税金逃れをしているのか?

    〔ここに注目〕日本の企業活動、税法の特徴…

  5. 5

    現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

    共和党に2カ月遅れて、民主党もようやく今週1…

  6. 6

    ジャーナリズムと批評(2):絶滅危惧種としての理論家と運動

    映画化もされた小説『虚栄の篝火』や、ノンフィクシ…

  7. 7

    出版不況でもたくましいインディーズ出版社の生き残り術

    日本と同様、出版不況に直面するアメリカの出版業界…

  8. 8

    AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろ

    「AIやロボットが人間の仕事を奪うようになる」とい…

  9. 9

    ヒラリー対トランプの「ゴシップ合戦」に突入した大統領選

    アメリカの大統領選は、ここへ来て「ゴシップ合…

  10. 10

    伊勢志摩サミット、日本文化の真髄として伊勢神宮の紹介を

    首相夫人の安倍昭恵氏が先月末に三重県を訪れ、…

  1. 1

    米テキサス州、地震急増の原因はシェール採掘か=研究

    米テキサス大学オースティン校の地質学者クリフ…

  2. 2

    中国戦闘機2機が米機に異常接近、南シナ海上空で=米国防総省

    米国防総省は、南シナ海上空で17日、中国軍の…

  3. 3

    パリ発のエジプト航空機が消息絶つ、海に墜落か 66人搭乗

    エジプト航空の乗員・乗客66人を乗せたパリ発…

  4. 4

    行儀悪い売り方やめた、「白物家電の二の舞い」懸念=スズキ会長

    スズキの鈴木修会長は10日に開いた決算会見で…

  5. 5

    訂正:三菱自の燃費不正は経営陣の圧力 国交省、スズキには再報告要請

    会見内容などを追加しました[東京 18日 ロイ…

  6. 6

    米テスラ、株式発行などで2200億円調達へ 「モデル3」開発加速で

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モータ…

  7. 7

    訂正:三菱自、相川社長が6月引責辞任 益子会長は新体制発足まで続投

    三菱自動車は18日、相川哲郎社長と中尾龍吾副…

  8. 8

    焦点:南シナ海仲裁裁判に台湾が横やり、裁定遅延の恐れも

    台湾の当局に近い団体が、南シナ海の領有権をめ…

  9. 9

    ECB追加措置の検討は秋に、必要なら新規買入可能=リトアニア中銀総裁

    リトアニア中央銀行のバシリアウスカス総裁は、…

  10. 10

    インタビュー:トランプ氏、核阻止へ金正恩氏との会談に前向き

    米大統領選で共和党候補指名を確実にしたドナル…

Newsweek特別試写会2016初夏「疑惑のチャンピオン」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

中国が文革の悪夢を葬り去れない理由

パックン(パトリック・ハーラン)

破壊王! トランプの「政治テロ」が促すア