最新記事
アカデミー賞

アカデミー賞監督の「英語スピーチ格差」を考える

The Director’s Speech

2024年4月25日(木)18時48分
北島 純(映画評論家、社会構想大学院大学教授)
スピーチ

明瞭かつ説得力あるスピーチで聴衆を感動させたチェルノフ監督(左から3人目) TRAE PATTON ©A.M.P.A.S.

<アカデミー賞を受賞したのに欠席、あるいはただ英文原稿を読み上げる日本人監督に対して、出色だったのは『マリウポリの20日間』のミスティスラフ・チェルノフ監督>

岸田文雄首相は4月10日にホワイトハウスで開かれた公式晩餐会で、「多くの豪華なゲストに息をのんだ。妻の裕子は『誰が主賓なのか見分けるのが難しい』と言ったが、大統領の隣席に案内されたときは正直安堵した」という冗談を飛ばした。

アメリカの国家元首を前にした大胆なジョークに会場は笑いに包まれた。SFシリーズ「スタートレック」のせりふも引用したユーモラスな内容だけでなく、白い歯を見せる笑顔、ジョー・バイデン米大統領に送る視線といった振る舞いの余裕も含めて、日本の首相による英語スピーチとしては出色の出来栄えだった。

攻めすぎると滑るが、慎重を期すとつまらない。それがスピーチの難しさであり、面白さでもある。3月10日にロサンゼルスで開催されたアカデミー賞授賞式でも、「主役」は受賞者のスピーチだった。

『君たちはどう生きるか』で、鈴木敏夫プロデューサーと共に長編アニメーション賞を受賞した宮崎駿監督は式典を欠席し、壇上でスピーチを代読する者もいなかった。2003年に『千と千尋の神隠し』が受賞した際と同じ対応だ。

日本アニメを世界にアピールする千載一遇の好機を逃したとも言えるが、宮崎監督ならではの含羞はもはや筋金入り。13年の記者会見で表明した引退宣言を翻意して本作品を作ったことを考えると、公の場に姿を見せないのは仕方ないとも思えるが、やはりアカデミー賞の舞台で自らオスカー像を手にする宮崎監督を見たかった。

では、『ゴジラ-1・0』で視覚効果賞を受賞した山崎貴監督のスピーチはどうだろう。映画『スターウォーズ』と『未知との遭遇』を見た衝撃が出発点だったことを明かし、ロッキー・バルボア(映画『ロッキー』の主人公)のチャレンジ精神をたたえ、VFXクリエーターを鼓舞する内容は、スティーブン・スピルバーグ監督やアメリカ映画への敬意にあふれていた。

しかし壇上で山崎監督は、「原稿用紙に穴が開く」ほど下を向き、最後まで英語を読み上げることに専念。降壇の時間が近づく焦燥の中で英語は早口になり、聞き取りづらくもなった。脇から小声で「大丈夫、大丈夫」と励ましたかと思えば「早く、早く」とせかしていた渋谷紀世子VFXディレクターの「余裕」を共有できなかったものか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中