最新記事
アカデミー賞

アカデミー賞監督の「英語スピーチ格差」を考える

The Director’s Speech

2024年4月25日(木)18時48分
北島 純(映画評論家、社会構想大学院大学教授)

英語スピーチの難しさ

音楽家の坂本龍一は1988年に映画『ラスト・エンペラー』(ベルナルド・ベルトルッチ監督)で日本人初となるアカデミー作曲賞を受賞した時、「マエストロ(巨匠)ベルトルッチ、プロデューサーのジェレミー・トーマス、全ての友人、スタッフとアシスタントに感謝したい。本当にありがとうございました」と英語で簡潔明瞭に述べ、クールで完璧なイメージを世界に印象付けた。その際の共同受賞者の蘇聡(スー・ツォン)は母語である北京語でスピーチを行い、直後にもう1人の共同受賞者であるデビッド・バーンが英語に通訳した。

今回の山崎監督も、英語であれば坂本のように短い謝辞に徹するか、濃い内容を語る場合は母語である日本語で一気呵成に話し、他の登壇者が即席の通訳として英語に要約する蘇聡的スタイルでもよかったかもしれない。

今年のアカデミー賞授賞式は、『オッペンハイマー』で念願のオスカー(助演男優賞)を獲得したロバート・ダウニーJr.が、プレゼンターで中国系ベトナム移民のキー・ホイ・クァンを無視したかのような振る舞いが「人種差別」として問題視された。主演女優賞のエマ・ストーンも同じ批判にさらされた。

アカデミー賞は映画産業の頂点に君臨する世界的イベントである。受賞者の誰しもが興奮に包まれ、われを忘れる者もいる。そうした舞台で受賞者がメッセージを明確に伝えるスピーチをするのは容易ではなく、まして外国語として英語を用いるのであればその難しさはなおさらだ。

歴史に残る名スピーチの、鋭い言葉と真摯な姿勢

しかし今回、それをやり遂げた監督がいる。長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画『マリウポリの20日間』(4月26日から日本公開)の監督ミスティスラフ・チェルノフだ。

チェルノフはAP通信のウクライナ人記者として22年2月、ウクライナ東部マリウポリにおけるロシア侵攻の渦中にいた。マリウポリ市内は容赦ない攻撃を受け壊滅状態になる。幼いわが子を殺された父親の慟哭。絶望の漂う地下室で音楽を奏で勇気を振り絞る市民。カメラを回し続けその姿を克明に記録したチェルノフは通信が遮断されたマリウポリから脱出、実態を報じるドキュメンタリーを作り世界に衝撃を与えた。チェルノフはオスカーを握り締めてこうスピーチした。

「ウクライナ史上初めてのオスカーを光栄に思う。しかし私はこの舞台で『この映画は作られなければよかった』と言う最初の監督になるだろう。映画の製作を、ロシアによるウクライナ攻撃や占領がない姿と交換できたら、と思う。ウクライナ市民が殺されることもなく、捕虜や兵士、市民が解放されればどんなにいいことか。しかし私には、歴史と過去を変えることはできない。それでも私たちは、全員で力を合わせれば、歴史を正しく記録し、真実が打ち勝ち(prevail)、マリウポリの市民と犠牲者が決して忘れられないようにすることはできる。なぜなら映画は記憶を形成し、記憶は歴史を形成するからだ。皆さんとウクライナに感謝する。スラーヴァ・ウクライニ(ウクライナに栄光あれ)」

米文学の巨匠ウィリアム・フォークナーは1950年にノーベル文学賞を受賞した際のスピーチで「私は、人間はただ耐えるだけではなく、打ち勝つ(prevail)と信じている」と述べ、魂の不朽と人間存在の不滅を訴えた。それに匹敵する名スピーチというほかない。

チェルノフ監督のスピーチに会場は静まり返った。鋭い言葉と真摯な姿勢に人々は聞き入ったのだ。そうした力を持つスピーチを日本人監督がアカデミー賞の舞台で行う日は、いつ来るだろうか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら

ビジネス

米国株式市場=ナスダック5日連続で最高値更新、アド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 7

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 8

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 9

    この10年で日本人の生活苦はより深刻化している

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中