最新記事

シリーズ日本再発見

こんな素材からも和紙が出来る!? 未来に向けた日本初の和紙製グッズ

2022年09月12日(月)16時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
美濃和紙の製造

機械抄(す)き和紙製造における「抄紙(しょうし)」という工程を経て和紙になる Photo:丸重製紙企業組合

<バナナの茎や茶葉などからも和紙づくりを行ってきた岐阜の美濃和紙メーカーが、JTと協業。通常は処分されるあるものを、生まれ変わらせた>

岐阜県のほぼ中央に位置する人口約2万人の美濃市は、1300年の歴史を持つ和紙の町。

和紙問屋として栄えた町屋は今も風情ある町並みを形成し、伝統ある「美濃和紙」の中でも厳選した素材で手漉(す)きされる「本美濃紙」は、2014年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されている。

だが美濃市は、決して歴史があるだけの町ではない。

市は2015年から、伝統技術を後世に伝えていく「美濃和紙伝承 千年プロジェクト」を開始。地元の機械抄(す)き美濃和紙メーカー、丸重製紙企業組合は「和紙づくりを通じ、持続可能な社会に向けた『再生(リジェネレーション)』を......世界に向けて発信します」と掲げる。その目は過去ではなく、未来を向いている。

実際に丸重製紙企業組合では、さまざまな原料のリサイクル、アップサイクルによる和紙製造が可能で、これまでにヒノキの皮、バナナの茎、茶葉などを素材にした和紙づくりも行ってきた。いわば、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた取り組みだ。

卓上カレンダーとA4ファイル、素材は葉たばこの幹

このたび、丸重製紙企業組合とJT(日本たばこ産業)岐阜支社、JT熊本合志(西日本原料本部および原料製造センター)がタッグを組み、ユニークなグッズを開発・製造した。美濃和紙製の卓上カレンダーとA4ファイル(いずれも非売品)。

素材は、葉たばこの幹だ。

sdgswashi202209-pic2.jpgsdgswashi202209-pic3.jpg

葉たばこの幹から製作した卓上カレンダー(上)とA4ファイル。カレンダーでは岐阜県の名所も紹介(いずれも非売品) Photos: Newsweek Japan

喫煙の用途に使われるたばこは、ナス科の植物「葉たばこ」の葉から作られる。葉たばこは約6カ月で高さ120センチ以上にまで生長し、大きいもので長さが約70センチ、幅が約30センチの葉を20枚ほどつける。この葉を乾かしたものが原料になる。

では、残った幹をどうするか。幹は通常、たばこ圃地外に搬出後、堆肥製造に用いられることもあるが、焼却処分されることもある。葉たばこ耕作による環境負荷を低減していくことは、JTにとって対応すべき課題の一つになっている。

JTは国際NGOのCDPから、気候変動と水セキュリティへの対応と戦略において最高評価を3年連続で受ける(昨年12月)など、SDGsにも積極的に取り組んできた企業だ。葉たばこの幹を活用できないかと考え、昨年6月、丸重製紙企業組合との協業をスタート。アイデアを出し合い、日本で初めての、葉たばこの幹を活用した紙製品が完成した。

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中