Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.7. 4号(6/27発売)

特集:安心なエアラインの選び方

2017年7月 4日号(6/27発売)

Cover Story

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

航空会社 最悪なエアライン、最高のエアライン
■乗客 オーバーブッキングはなぜ起きるのか?
評価 サービス最悪の会社はどこだ
騒動 飛行機の中はトラブルだらけ!
チケット 航空機の「途中下車」はなぜ許されない
改革 管制業務の民営化で犠牲になるものは
歴史 パンナムが切り開いた空の旅の黄金期

王子が語った母の死と英王室

独占取材 悲劇から立ち直ったヘンリー英王子の「自分探しの旅」は続く
【PERISCOPE】
BRITAIN 金融セクターがロンドンから逃げていく
NORTH KOREA 北朝鮮の人権侵害はもう限界
ZIMBABWE 国民を脅して7選を目指すムガベ
EUROPEAN UNION EUをめぐる欧州市民の複雑な本音
SAUDI ARABIA サウジ新皇太子は改革派か強硬派か
FRANCE マクロンはトランプとウマが合う(はず)
JAPAN 中国「パンダ外交」の呪縛
ISRAEL 「テロの月」に変貌した聖なるラマダン
Asia
PAKISTAN パキスタンの新パートナーは中国
CHINA 国歌軽視の若者に中国当局が強硬手段
Business
「NAFTA憎し」のトランプが軟化した理由
AIでマックの株価が上昇中
中国株はこれで国際化?
ウーバーCEOの後任に噂される大物たち
People
監督降板でハン・ソロ映画の運命は、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
インタビュー トランプ時代の新・北朝鮮リスク
イギリス 「普通の町」に潜むテロリストの影
ブランド アップル製スニーカー高騰の謎
食品 コンパクトで楽しいマカロニ新時代へ
【LIFE/STYLE】
Movies この夏もパイレーツどもが大暴れ
Theater 大ヒット社会派ミュージカルの誕生秘話
Health 豆乳やヤギ乳は牛乳ほど背が伸びない?
Books チェルシーが送る少女たちへの「正論」
Science 科学をエンタメに変えるスター学者
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 麻薬取り締まりも白人には優しく
Picture Power 南アフリカに今も残る町の分断

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 5

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 6

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 10

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!