Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.7.11号(7/ 4発売)

特集:中国新戦略の誘惑

2017年7月11日号(7/ 4発売)

Cover Story

中国の新戦略「一帯一路」にはチャンスとリスクが潜む。新たなチャイナ・マネーの誘惑と共産党の思惑

中関係 「一帯一路」トランプの損得勘定
インフラ 中国の意向で走る「ゾンビ鉄道」
東南アジア 鉄道建設に強権発動の愚かなタイ軍事政権
経済 中国マネーが招くベネズエラの破綻
オピニオン 上海協力機構に注目すべき理由

王閥解体の覚悟はあるか

韓国 長過ぎる財閥の経済支配に文在寅政権が入れる「メス」
【PERISCOPE】
HONG KONG 返還20年、強権政治の現実
SYRIA 「首都」も収入源も失ってISISは壊滅寸前
BRITAIN メイの政権運営に3つの落とし穴
UKRAINE ウクライナを狙ったテロにロシアの影
BRAZIL 底無しの汚職がブラジルを揺るがす
EAST ASIA 東アジアの権力闘争に長期的視野を
WORLD AFFAIRS 危機不感症に陥った日本
FRANCE マクロンが五輪開催に託す希望
Asia
JAPAN 「日本は古い」をいっとき忘れよう
SOUTH KOREA トランプに冷遇された文が官僚を冷遇
TAIWAN 米軍艦の台湾寄港でさらにいら立つ中国
CHINA 北朝鮮制裁は中国相手の綱渡り
U.S. Affairs
暴言ツイッターはトランプの巧妙な戦略?
People
不正資金で超豪華ギフトをもらっちゃった人々、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
シリア ポストISIS戦略に残る不安
視点 「アメリカ抜き」が世界の悲劇を招く
フランス マクロンのリベラル改革を待つ落とし穴
テクノロジー 緑の地球を救う大空からの視線
小売業 アマゾン+スーパー、宅配改革へ大勝負
新技術 LEDが照らし出す癌細胞撲滅への道
【LIFE/STYLE】
Movies フェイクだらけの『ウォー・マシーン』
Movies ベン・キングズレーが語る現実の重み
Movies ひたすら怖いSFホラー『ライフ』
Sports インドの国技「カバディ」に熱い視線
Music 大人になったロードの新たな挑戦
Design 権力を問うクールなアート集団
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「回帰」香港の失われた20年
Picture Power 難民の旅の悲惨な終着点リビア

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 5

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 6

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 10

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!