最新記事
大谷の真実

「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の言葉を信じたのか? 現地記者たちが語った本音とは

DOES THE MEDIA BELIEVE OHTANI?

2024年4月2日(火)16時00分
小暮聡子(本誌記者)

3月25日の大谷の会見には各国の報道陣約100人が詰めかけ、水原の代わりにウィル・アイアトンが通訳を務めた REUTERS VIDEO

<「あんなふうに、怒る一歩手前でノーマルじゃないな、という雰囲気の大谷は初めて見た」......現地記者たちが語る大谷会見のリアル(4/2発売の本誌『アメリカが見た 大谷の真実』特集号より)>

ドジャースの大谷翔平選手は3月25日(日本時間26日)、水原一平元通訳の違法スポーツ賭博をめぐる問題について会見を行った。この会見を、現地の記者たちはどう受け止めたのか。MLB(米大リーグ)取材歴18年で、ロサンゼルスを拠点にエンゼルス時代から大谷を取材してきた青池奈津子に27日(日本時間)、本誌・小暮聡子が聞いた。

◇ ◇ ◇


──25日の会見は、誰が呼びかけをして、どういう形で行われたのか。

エンゼルス時代には大谷選手に直接話しかけないようにと球団広報から言われていたため、特に日本メディアはなんとなく遠慮しているところがあるのだが、ドジャースに移籍後は少しずつ話しかけてみる人が出てきていた。今回は、韓国からロサンゼルスに帰ってきた日のクラブハウスで、アメリカ人記者2人が「いつ話をするのか?」と大谷選手に声をかけた。もともと取材用にクラブハウスが開放されている50分の間には大谷選手は戻ってこないと言われていたのが、何かを取りに来た様子で、米記者2人の問いかけに一瞬戸惑いながらも小さい声で「トゥモロー」と返答した。

大谷選手に話しかけた記者にその時の表情を聞いたところ、「話しかけられると思っていなかったようで、少し驚いた様子だった」と言っていた。周りで聞いていた記者たちも、そのやりとりに少し驚きながらも、ついにその時が来たと言わんばかりに「明日大谷が話す」とX(旧ツイッター)などで発信し始めた。

会見当日の朝にはドジャースの広報からメールが来て、「大谷は今日は質問は受け付けない、声明だけ出します」と。会見場には普段見かけないような記者まで大挙していた。アメリカのある経済紙の記者まで、「今これ以上に追うべきネタはない」と、大谷選手が話すまでいるつもりでニューヨークからこのネタを探りに飛んで来ていた。みんな、何が出てくるのか分からない、という心境で会見に臨んだ。

──質問を受け付けない形式についてアメリカの記者の反応は?

アメリカの記者たちに「質問できたら何を聞きたかった?」と聞いて回ったのだが、「それなりに大谷は答えた」「思った以上に答えた」という声を多く聞いた。気になっていた疑問に答える形で声明が準備されていた、ギャンブルは自分はやっていない、全く知らなかった、という話など。ただ、記者たちの声の約90%は、大谷選手が言っていることが本当なら水原さんはどうやって銀行口座にアクセスできたのか、そこがやっぱり気になった、という点に集約されていた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

パレスチナ国連加盟、「2国家解決」につながらず=米

ワールド

中国、米会合で貿易制限に懸念表明 生産能力問題も協

ビジネス

ベトナム中銀、サイゴン商銀に前代未聞の240億ドル

ビジネス

モルガンS、アジア投資銀行部門で少なくとも50人削
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中