コラム

たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

働き方改革クイズ「月末の金曜日は早めに仕事を終えて幸せに過ごす」キャンペーンの名前は?

<「働き方改革」が始まったのは2016年。だが結局、人々の働き方を変えたのは、改革ではなかった> 【地獄の異変】 人手不足に悩んでいるのは地

2022.09.02
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

中国が日本制圧に要するミサイルは「647発」

<「お父さん、ミサイルは何発必要?」そんなジョークの裏に潜む軍拡中国の悪夢> 【想定】 中国人民解放軍の将官の家庭。息子が聞いた。 「ねえ、

2022.08.03
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

プーチンが継ぐ世界「独裁者の系譜」、その始まりはあの「大粛清」男

<ヒトラー、金日成、チャウシェスク、フセインも、この系譜に連なる面々> 【腕時計】 プーチンが側近に怒鳴った。 「私の大切な腕時計が盗まれた

2022.07.03
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

インフレが進めば、こんな不思議な体験をするかもしれません

<世界的なインフレが進んでいる。長いデフレに苦しんできた日本も例外ではない。政府は国民の声にどうもツレない> 【一杯のコーヒー】 喫茶店に入

2022.05.27
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

2022年の「おそロシア」

<これはジョークなのか、現実なのか> 【ウサギの苦悩】 プーチン政権下のロシアから、1羽のウサギがカザフスタンまで逃げてきた。 カザフスタン

2022.05.02
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

独裁者プーチンの冷酷さを表す逸話(?)

<あるロシア人ジャーナリストは「ソ連が残した良き遺産はジョークだけ」と言った。いつの時代もロシアの民衆はしぶとく、独裁者に屈することはなかっ

2022.03.17
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

日本の「論破ブーム」、行きすぎて「屁理屈」になっていないか

<論理的思考は確かに大切だが、欠けているものがある。シャーロック・ホームズを生んだイギリスに今こそ学ぶべきだ> 【ホームズの憂鬱】 シャーロ

2022.03.01
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

日本も世界も混沌としているのは●●のせい

<昔からそういうものだと言えるかもしれないが......> 【最古の職業】 医者と建築家と政治家が「世界最古の職業とは何か?」というテーマで

2022.01.28
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

異常気象が「平常」とはまるでジョークか禅問答

<カーボン・ニュートラルへの関心が世界的に高まっている。だが温暖化に関する各国の取り組みは、足並みがそろっていないところもあり難しい> 【異

2022.01.06
たかがジョーク されどジョーク 早坂 隆

長寿化は本来よいこと、日本は「老人」をどう扱うべき?

<コロナ禍が残す最大の禍根は、人口問題への悪影響かもしれない> 【義父と嫁】 とある男女が結婚し、嫁は夫の両親と同居して暮らすことになった。

2021.12.20

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中