コラム

高速鉄道事故は中国にとって吉兆だ

2011年09月20日(火)08時00分

[9月7日号掲載]

 私が初めて中国の高速鉄道に乗ったのは、上海万博が開かれていた昨年の夏。上海から妻の故郷である南京を結ぶ路線に乗ったのだが、乗客がひどく少なかったことに何より驚かされた。100人ほどが乗れる客車に20人ほどしかいない。

 車で4時間かかる上海〜南京間約300キロを、最新型の高速鉄道は1時間10分で駆け抜けた。最高時速は350キロ。同じ中国人として誇らしく感じたが、どうしても日本の新幹線と同じように安心して乗ることはできなかった。何か不安なのだ。乗客が少なかったのは、チケットが高いせいもあるだろうが、いま考えればこの不安感と無縁ではなかったはずだ。

 不安な理由は中国人の私が言うのも何だが、中国人がやっていることを信頼できないから。もちろんまじめな人もいるのだが、特に緻密さが求められる作業で多くの中国人はつい「めんどくさい」と感じ、ルールやマニュアルに基づかず自分の勘でやってしまう。

 私も歌舞伎町というジャングルを勘を頼りに23年間生き抜いてきたが、確かにルールが通用しない場面を切り抜けるとき、中国人は力を発揮する。ただ、決められたルールに基づく細かい作業は苦手だ。今回の事故も、私はこの中国人気質が根本的な原因ではと考えている。

 日本の鉄道技術を海外に普及させる組織である海外鉄道技術協力協会の最高顧問の岡田宏氏は、旧国鉄の技術職トップで、江沢民前国家主席や李鵬元首相が日本の新幹線に乗ったとき隣に座って技術的な説明をしたこともある人物だ。事故から10日後、母国で起きた大事故に頭を抱える私に、岡田氏は「高度な技術の集合体である高速鉄道だが、最後は設備を保守・点検し、車両やシステムを運営する人が重要だ」と教えてくれた。

 200人を超える死傷者を出した事故だが、中国人にとって決して無駄ではない。むしろ「吉徴(吉兆)」かもしれない。それは、この事故が中国が変わるきっかけになるからだ。

■現場で車両を破壊した理由

 今回の事故では、各中国メディアの記者たちが現場から中国版ツイッターの新浪微博を使って情報を発信。先頭車両を砕いて穴に埋めようとしたり、高架橋に引っ掛かっていた客車を強引に地面に落とすといった鉄道省のでたらめな対応を世界に知らせる役割を果たした。さらに中国政府が事故の記事を載せないよう通達を出した後も、いくつかの新聞は当局を批判する勇気ある記事を掲載した。温家宝首相が現場で会見に応じたのは彼らの奮闘の成果と言っていい。これまでの中国ならこんなことは起きなかった。

 かつて孫文は人生に欠かせないものとして、「衣食住」に加えて「行(交通)」を提唱した。メディアが政府に対して強気を貫けるのは、今の中国人が「衣」を除く「食」「住」「行」に対して不安と不満だらけだから。食べ物は毒物入りや偽物が横行し、住宅はバブルで「カタツムリの家」が精いっぱい。そして交通で今回、こんなひどい事故が起きた。この事故は第2の天安門事件と言っていいかもしれない。

 実は、私は中国政府が事故原因をほぼ特定しているのではないかとにらんでいる。現場で車両を破壊したのは、とっくに原因が分かっているから。決して証拠隠しでなく、中国人流の合理主義ゆえの行動だ。それなのに正式発表を今月中旬までしないのは、事故を利用してさまざまな改革を進めたいと考える勢力が政府内部にいるからではないか。

 変化は中国国内にとどまらない。原因調査と再発防止で日本と協力できれば、昨年の尖閣事件以来、険悪な状態が続いている両国関係も良くなるだろう。中国政府が表立って日本側に頼めないなら、水面下でこっそりやればいい。島をめぐるトラブルが海上で続いているなら、地下にトンネルを掘ればいい。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本…

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 6

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 7

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!