注目のキーワード
文字サイズ
VOICES コラム&ブログ
COLUMN コラム

中国で一番有名な日本人、加藤嘉一君への手紙

2011年07月10日(日)09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

今週のコラムニスト:李小牧

[7月6日号掲載]

 尊敬する加藤嘉一君へ──。

 先日は日本の震災をテーマにした香港フェニックステレビのトーク番組の収録、お疲れさまでした。このコラムをまとめた『歌舞伎町より愛をこめて』(阪急コミュニケーションズ)の中国語版『日本有病』の前書きも書いてくれてありがとう。中国版ツイッター新浪微博に60万人のフォロワーがいる君に書いてもらえば、完売間違いなしです。

 君は18歳のときに単身、名門の北京大学に留学。05年の反日デモのときに留学生会長として流暢な中国語でテレビにコメントして注目を集め、以後、中国でジャーナリストとして活躍を続けています。中国語で出版した本も既に6冊。君が「中国で一番有名な日本人」なのは間違いありません。まさに「勢如破竹(破竹の勢い)」ですね。

 私と加藤君は最近、日本で共著を出した仲でもあります。しかし私は人生の先輩として27歳の君に伝えなければならないことがある。それは君の生き方に関することだが、同時に日中関係に影響する話でもあるから、よく聞いてほしい。

 具体的に言いましょう。君は日本でのテレビ出演や執筆活動ではほとんど言わないこと、書かないことを中国での言論活動でかなり露骨に口にしている。それは日本の悪口です。

 先日のフェニックステレビの番組では、震災後に菅首相の支持率が下がったことについて「日本有病(日本は病気だ)」と発言しましたね。日本で23年暮らす私から見れば、四川大地震で多くの子供が手抜き工事の校舎の下敷きになって死んだのに、中央の指導者が誰も責任を問われない中国のほうがずっと「有病」です。

■心の中の「国境」を利用するな

 それに菅首相が被災者に「あなたたちは家がある」と無神経な発言をしたと語っていましたが、いつどこで発言したのでしょう。首相に常に同行している日本メディアはまったくこの「暴言」を報じていなかったようですが、これはどういうことでしょうか。

 英フィナンシャル・タイムズ紙の中国語版ウェブサイトのコラムでは、最近安全上の理由から減速することを決めた中国の高速鉄道について「430キロ出しても320キロの日本の新幹線より走行は安定しており、安全なことが実験で証明されている」と書きましたね。なぜ日本の新幹線を引き合いに出すのでしょう。こんな例はほかにもあります。

 若い日本人がたった独りで中国を生き抜き、ここまで成功するためには大変な苦労があったでしょう。だからといって日本や日本人を利用していいはずはありません。中国人にも日本人にも心の中に「国境」がある。君はその「国境」を利用している。中国で日本人の君がジャーナリストとして活動できるのは、中国政府が本当に嫌がる民主化や言論の自由について君が決して口にしないからです。

 君は中国の読者が日本の悪口を求めていることをよく理解している。ただ中国の知識人たちはとっくにその欺瞞に気付いている。新浪微博で指摘されているから知っているはずですが、君はそれを無視しています。私も確かに日本の悪口を言うけど、中国の悪口だって言う。日本の悪口を中国人に広めるのは、両国にとって決していいことではありません。

 大学を出て、社会経験や下積みもないままジャーナリズムの第一線で働く......一見華やかですが、どこか無理がなかったでしょうか。君は「外国で裸一貫から始めたところは李さんと同じ」と言いますが、最初から名門大学に入学できた加藤君と、ティッシュ配りから日本生活をスタートした私が同じはずはありません。

 どうでしょう、ホストや風俗嬢といった名講師陣を誇るわが「歌舞伎町大学」で一度学んでみては。庶民が作る歌舞伎町大学の教科書も、共産党が作る北京大学の教科書より有益なはずです。

李小牧(リー・シャム)

COLUMNIST PROFILE

Lee Xiaomu 李小牧(リー・シャム)

1960年中国湖南省生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て88年にデザインを学ぶ私費留学生として来日。歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動し始める。作家、レストラン『湖南菜館』プロデューサーとしても活躍。近著に『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社刊)『歌舞伎町より愛をこめて 路上から見た日本』(阪急コミュニケーションズ刊)がある。leexiaomu.com

最新ニュース

ビジネス

ファーストリテ、14年8月期の国内ユニクロ売上高は+1.9% 

2014.09.02

ワールド

ロシア大統領の「キエフ制圧発言」報道、真意と全く異なる=側近

2014.09.02

ビジネス

オズボーン財務相、英国のEU残留に反対姿勢強める

2014.09.02

ビジネス

日産自のパーマー氏、アストン・マーチンCEOに就任へ=関係筋

2014.09.02

新着

健康

眠りの質向上が骨粗鬆症の予防に?

不眠症や時差ぼけに効くとされるメラトニンの意外な効能に着目した新研究 [2014.8.26号掲載]

2014.09.01
中国

習近平の次の狙いは「抵抗勢力」の国有企業

特権を享受してきた「体制側」の国有企業幹部を放置できない事情とは [2014.9. 2号掲載]

2014.08.29
テクノロジー

軍事ロボットはキュートに

軍の資金援助で研究開発が進んでいる「かわいい」生物型ロボットの可能性は [2014.8.26号掲載]

2014.08.29
ページトップへ

Recommended

COLUMNIST PROFILE

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

MAGAZINE

特集:進撃のテロ組織

2014-9・ 9号(9/ 2発売)

中東と世界を戦慄させる過激派組織ISIS──
アメリカは自称「イスラム国」の蛮行をなぜ止められないのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
ニューズウィーク日本版2014秋特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  2. 2

    殺害されたジャーナリストはISISへの「生け贄」だった

    残虐な処刑映像が公開されたジェームズ・フォーリーは…

  3. 3

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  4. 4

    エボラ蔓延の真の元凶は文化格差

    西アフリカ諸国では西洋医学に対する不信感や誤った噂…

  5. 5

    米政府のサイバー責任者はコンピューター音痴

    テクノロジーの知識より幅広い知識のほうが重要と言う…

  6. 6

    ISISの報復は米本土へのテロ攻撃か

    イラクとシリアを席巻する彼らの作戦遂行能力はアメリ…

  7. 7

    エボラ対策を邪魔する根強い無知と不信

    患者「解放」事件が起きたのは人々の無知ゆえ。地道な…

  8. 8

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  9. 9

    スマートフォンはレストランの敵?

    写真撮影やSNSに没頭する客が客の回転を悪くし、食…

  10. 10

    グーグルが軍事施設を丸裸に

    グーグルマップのコンテスト参加者が描いてしまった禁…

  1. 1

    円安で供給不足の「悪循環」がやってくる

    8月に入って、不吉な統計の発表が続いている。貿易…

  2. 2

    中高生の「男女別学」にはメリットがあるのか?

    静岡県の川勝平太知事は7月に行われた県議会の一般…

  3. 3

    3月14日開業が決まった北陸新幹線に死角はないか?

    開業日は多くの人が予測していた通りでしたが、運行…

  4. 4

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  5. 5

    イラク:新首相の評価は

    夏は国際学会のシーズンである。海外で開催される中…

  6. 6

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  7. 7

    ミズーリ州の暴動は沈静化へ向かうのか?

    ミズーリ州セントルイス近郊のファーガソン市では、…

  8. 8

    リトルリーグに現れた「少女エース」の快投

    昨年もこのブログでお話した、アメリカ東海岸の夏の…

  9. 9

    田母神俊雄氏のイスラエル訪問計画、3つの懸念

    田母神俊雄氏(元自衛隊航空幕僚長)の支持グループ…

  10. 10

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治家か…

  1. 1

    韓国の国民銀行在日支店に行政処分=金融庁

    金融庁は28日、韓国の国民銀行在日支店に行政処分…

  2. 2

    中国軍将校「米軍機にもっと接近を」、潜水艦偵察に対抗呼び掛け

    中国の海軍将校は今週国営メディアで、南シナ海上空…

  3. 3

    ブラジル景気後退入り、大統領選控え現職のルセフ氏に痛手

    ブラジル地理統計院(IBGE)が発表した今年第2…

  4. 4

    期限切れ肉問題、上海福喜食品の社員6人逮捕

    中国当局は期限切れ食肉使用問題に絡み、米食肉大手…

  5. 5

    ロシア国防相搭乗機、ポーランドが通過拒否=通信

    国営ロシア通信(RIA)は29日、ポーランド政府…

  6. 6

    クモの巣で火災発生の恐れ、スズキが米国でリコール

    米道路交通安全局(NHTSA)は27日、スズキの…

  7. 7

    英国がテロ警戒レベル引き上げ、シリア・イラク情勢で

    英国のメイ内相は29日、シリアやイラクでの情勢を…

  8. 8

    台湾が戦闘機を緊急発進、中国は「定期的飛行」と侵入否定

    中国国防省は26日、同国軍機が台湾の空域に4回侵…

  9. 9

    中国東風汽車は予想上回る増益、新モデル販売好調

    中国の東風汽車が発表した上期決算は、市場予想を上…

  10. 10

    ウクライナがNATO加盟目指す、軍事支援求める姿勢鮮明に

    ウクライナのヤツェニュク首相は29日の政府会議で…