コラム

ロボット・ジャーナリストの登場で記者は用済みに

2014年03月26日(水)14時25分

 ロサンゼルス・タイムズ紙が、地震速報をロボット・ジャーナリストを使って報じたことが話題になっている。

 さる3月17日早朝、揺れで目を覚ましたケン・シュウェンキ記者は、ベッドから飛び起きるやいなやコンピュータに向かった。そこにはすでに地震速報の記事が生成されており、シュウェンキ記者は「パブリッシュ」のボタンをクリックしただけ。

 記事には、アメリカ地質調査所による震度、マグニチュード、震源地などが記されているだけではなく、「揺れは南カリフォルニアの幅広い地域で感じられた」とか、「過去10日間で、同じ地域を震源地とするマグニチュード3.0以上の地震は起こっていない」などと書き足されていて、まったく機械的とばかりは言えない、気をまわした表現も使われている。

 このロボット・ジャーナリストのニュースは、われわれのような「書く」ことを職業する人間に考えさせるものがある。ポイントはふたつあるだろう。

 ひとつは、ジャーナリストもプログラムを理解するようになる必要があるということ。地震速報を報じたロボット、「クウェイクボット」は実はシュウェンキ記者自身がプログラムを書いている。同氏は、ロサンゼルス・タイムズのデジタル・エディターだ。

 地震の多い日本では、テレビの地震速報はほぼ自動化されていると思うが、シュウェンキ氏は、ロサンゼルスで起こる殺人事件もロボットがリアルタイムで記事を生成するようにした。この「殺人レポート」は、過去12ヶ月の殺人事件を地図上に表示し、インタラクティブに詳細が引き出せるようになっている。また、事件が起こると地震と同様、基本的な事項がすぐさま記事で報じられるしくみだ。

 自動生成ニュースは、第一報を正しく速報するために実に有効だと言えるが、自分でプログラム自体が書けなくても、どこのデータをどう使えば意味ある記事になるかという知識を持つことは、ジャーナリストにはもう必須のものになっている。

 だが、もうひとつの考えさせられる点は、ロボット・ジャーナリストはこんな第一報だけでなく、他の領域にもどんどん進出し始めているということだ。

 すでにアメリカには、データからそれらしい記事を生成するロボット・ジャーナリズム会社が数社ある。よく使われている分野はスポーツと金融関連だ。

 スポーツなら全米津々浦々の試合を、リトル・リーグのものまで含めて伝えることができる。ロボットは、データとAI(人工知能)、機械学習などの能力を組み合わせて、読むに耐える以上の記事を生成し、対象の読者に届ける。その際、勝ったチームだけでなく負けたチームの話題も入れるとか、英雄的プレーに焦点をあてるといったことを、アルゴリズムをちょっと書き換えるだけで調整できる。もう少し人間味を加えたいのならば、経験のあるジャーナリストがテンプレートのようなものを作ってロボットに学習させ、深みを加えた内容にすることも可能という。

 金融記事の場合は、業績の内容、株価の変動、社内の誰が株を売ったかといったような内容だ。こうしたニュースを一般読者に向けるのではなく、特定の株主のためにパーソナライズすることも、ロボットには簡単にできるらしい。

 最近よく、「ロボット技術の発展で失われる職業は何か」といったことが話題になる。製造現場の工員、兵士、レジの店員、薬剤師などと並んで、ジャーリストや弁護士などが出てくるのをご存知だろうか。

 弁護士に代わって、前例やドキュメントに目を通すような作業は高度なソフトウェアが行うようになる。そしてジャーナリストに代わって、データや分散したニュースから、それなりに読み応えのある記事を構築、生成するのはロボット・ジャーナリストだ。ロボット・ジャーナリストがピューリッツァー賞を受賞する日もいずれやってくると予言する関係者もいるほどだ。

 ピューリッツァー賞はどうか知らないが、人間のジャーナリストがどうすればロボットと差別化できるかに知恵を絞らなければならないのは確かだ。ロボットは、人々がツイートしているようなちょっとした小話を総合して、エモーショナルなストーリーに仕立てたりもできるようになるだろう。人間が一人でできないことをAIは難なくやってしまうから、記者が「独自に取材して記事にする」と息巻いたところで、本当の勝ち目を獲得するには、足を使うだけでなく有効に知恵を絞らなくてはなるまい。

 ジャーナリストがロボットに置き換えられる日が今すぐにやってくることはないだろうが、潮流は明らかにその方向へ向かっている。今ですら、貪欲にストーリーを消費するインターネットの中で、書き手はコンテンツ工場の工員になっているようなふしもある。だが、これからはどんどん能力を高めるAIが競争相手になるというわけだ。

 AIの向こうを張るにはどうすればいいか、あるいはAIと一緒に働いた方がいいのか。そんなことを早めに考えた方が得策なのだ。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

ニュース速報

ビジネス

英国の航空旅客数減少か、ブレグジットで=IATA

ワールド

米国民も「独立再宣言」へ、英支配権取り戻した=トラ

ワールド

カタルーニャ独立可能、英EU離脱が証明=州首相

ワールド

英EU離脱交渉今すぐに、待つ意味まったくない=欧州

MAGAZINE

特集:英国はどこへ行く?

2016-6・28号(6/21発売)

EU離脱の是非を問うイギリス国民投票はいかに──。統合の理念が揺らぐ欧州と英国を待つ未来

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  2. 2

    もし第3次世界大戦が起こったら

  3. 3

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  4. 4

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  5. 5

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  6. 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  9. 9

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  10. 10

    あらゆる抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」、アメリカで初の感染が見つかる

    ペンシルバニア州に住む49歳の女性から発見…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    美学はどこへ行った?(1):思想・哲学・理論

    <現代アートの国際展は、思想や哲学にインスパイアさ…

  6. 6

    グラフでわかる、当面「円高」が避けられないただ1つの理由

    〔ここに注目〕物価 為替市場において円高が…

  7. 7

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  8. 8

    北海道新幹線は、採算が合わないことが分かっているのになぜ開通させたのか?

    〔ここに注目〕JR北海道の経営母体 北海道…

  9. 9

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  10. 10

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  1. 1

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  2. 2

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  3. 3

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  4. 4

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  5. 5

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  6. 6

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  7. 7

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  8. 8

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  9. 9

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  10. 10

    クリントン氏優位保つ、トランプ氏と支持率11ポイント差=調査

    ロイター/イプソスが実施した最新の世論調査に…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう

辣椒(ラージャオ、王立銘)

中国が文革の悪夢を葬り去れない理由