最新記事

日本社会

日本の「テラハ」が描くリアリティー番組の未来

Reality TV Still Evolving

2019年1月30日(水)17時10分
ライアン・サクストン

池添はテラスハウスで自分の性的指向を自覚 (c)Fuji Television/EAST ENTERTAINMENT

<世界的に大ヒット中の『テラスハウス』最新シーズンに、LGBTが登場して分かったリアリティー番組の原点と理想>

日本のリアリティー番組『テラスハウス』が世界的なヒットになっている。米テレビ批評家トロイ・パターソンが、「自然を追うドキュメンタリー番組」に近いと表現するほど「素のまま」なところが、派手な演出に慣れた欧米の視聴者の目には新鮮に映っているらしい。

見ず知らずの男女がひとつ屋根の下で暮らしながら、夢や恋人を見つけていく『テラスハウス』は、12年に日本のフジテレビで放送がスタートし、15年からは動画配信サービスのNetflixが配信を開始。最新シーズンの『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』は、17年12月から現在まで放送が続いている。

その新シーズンに、初めてLGBT(性的マイノリティー)のメンバー、池添俊亮(しゅんすけ)が登場した(『テラスハウス』ではシーズン途中に順次メンバーが入れ替わる)。第32話から本格的に登場した池添は、『テラスハウス』に参加した理由を問われて、「自分はバイセクシュアルなのではないかと思う」と仲間に打ち明ける。だが、「まだ自分でもはっきり分からないから、男女6人がいるところに行けば分かるんじゃないかと思った」と語る。

これは日本の主要メディアでは、めったに見ることのない試みだ。というのも日本では、テレビどころか社会一般でも、LGBTを公言する人は極めて少ない。ある研究によると、「友達にLGBTを自認する人がいる」と答えた人は5%しかいなかった(アメリカでは55%)。

フツーのLGBTの姿

日本人が同性愛者を嫌っているというわけではなさそうだ。それどころか20~40歳の70%以上が同性カップルを支持しているという。だが、それならなぜ日本ではLGBTであることを公言している人が少ないのか。

米スキッドモア大学のマサミ・タマガワ教授は、17年に発表した論文「日本でカミングアウトすること」で、「日本社会の基礎は家族制度であり、同性愛嫌いを含め人々が自分の本音を言えるのは家庭だ」と指摘している。このため、社会一般でLGBTは「受け入れられている」ように見えるが、実のところ彼らは無視され、黙らされているにすぎないと指摘する。

日米両方のテレビ番組を見て育ったという日系アメリカ人のコウジの考えは少し違う。「自分の性的指向についての不安を(テレビ番組のような場所で)公然と打ち明けることは、日本に限らずどの国のリアリティー番組でも極めてユニークなのではないか」

ニュース速報

ビジネス

日産・ルノー、アライアンス新戦略発表へ コロナ危機

ビジネス

三菱UFJMS証、6月1日から全店舗で店頭窓口業務

ワールド

米、香港問題巡る強力な対応を週内に発表へ=トランプ

ワールド

欧州委、1兆ユーロ超の復興計画提示へ 域内経済を立

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月