コラム

となり町「戦争」inオークランド

2009年04月20日(月)15時46分

「あの時のお巡りさんだよ!」

 娘がテレビを指差して言った。ローカル・ニュースで、筆者の住むバークレーの隣町、オークランドで起こった銃撃事件を報じていた。

 3月21日午後1時頃、オークランドのマッカーサー通りと74番街の交差点で、一台のビュイックを二人の白バイ警官が止めた。よくあるちょっとした交通違反だった。しかし運転手が出した免許を警官が無線で照会すると、偽造だと判明した。次の瞬間、運転手は拳銃で警官を撃った。倒れた二人に運転手は近づき、銃を頭に突きつけてとどめを刺した。

 オークランドは全米でも4番目に殺人事件の多い街で、毎年100人以上が殺される。この事件の現場となった東端のイースト・オークランドと、反対側のウェスト・オークランドは黒人とメキシコ系の貧困層が住むスラムで、麻薬の売人や売春婦がうろつき、十代のストリートギャングが縄張り争いをして撃ち合っている。

 筆者もウェスト・オークランドに2年前まで住んでいた。家が安かったので調べないで買ってしまってから後悔した。妻が会社の帰りにBART(地下鉄)の駅前でバッグをひったくられた。犯人は背後から近づいて、いきなり妻に飛び掛って顔面から路面に叩きつけた。電話を受けてすぐに娘と一緒に現場に飛んでいくと、パトカーの傍に立つ妻は前歯を二本折られて顔も服も血まみれだった。その有様を見て娘が火のついたように泣き出した。

 犯人はすぐに捕まった。やせっぽちで、まだ背も伸びきってない黒人の中学生二人組みだった。

 そして、うちの一家はオークランドから一刻も早く引っ越すことに決めた。

 白バイ警官2人が撃たれた後、オークランドだけでなく、イーストベイじゅうの警官が出動し、犯人を捜した。犯人は現場に自動車を乗り捨てて、徒歩で逃走した。住民の一人が犯人を知っていて、現場の1ブロック先に犯人の妹のアパートがあると警察に話した。そこに逃げ込んだに違いない。

 SWAT(特殊機動部隊)が急行した。彼らは専従ではなく、普段は一般の警察官として働きながら、室内への突入や銃撃戦、狙撃の訓練を受けている。犯人はすでに警官を殺しているから、必ず撃ってくるだろう。SWATは防弾ベストを着て、ヘルメットをつけて、そのアパートに突入、ドアを破って、閃光手榴弾を投げ込んだ。

 凄まじい光が炸裂した。目を開けていたら何も見えなくなってしまう。

 SWATはベッドルームに入った。誰もいない。が、銃声が鳴り響き、SWATが二人倒れた。クローゼットに隠れていた犯人が扉越しに撃ってきたのだ。残るSWATたちがクローゼットに一斉に弾丸を浴びせた。犯人は撃たれながら撃ち返し、またSWATが一人倒れた。犯人はやっと動かなくなった。

 撃たれたSWATは2人即死で1人は重傷だった。弾丸が防弾ベストを貫通したのだ。犯人は旧ソ連製のSKSライフルを撃ってきた。防弾ベストは拳銃弾しか防げないのだ。

 犯人はラベル・ミクソン(26歳)。現場の近所に住む黒人だった。オークランドの黒人民族主義団体ウフルー・ムーブメントはミクソンを支持し「彼は黒人に対する白人警官の横暴に抵抗した」とコメントした。黒人向け新聞「ナショナル・ブラック・ニューズペーパー」は警官4人を殺したことを「人民の勝利だ」と讃えた。元旦の事件以来、黒人たちの間で警官への憎しみが高まっていたからだ。

 元旦明けの深夜2時、新年会で酔っ払った黒人青年たちがBARTの駅のホームに座り込んでいると、警官たちがやって来た。警官は彼らを床に腹ばいにさせたうえで、そのうちの1人、オスカー・グラントの背中を拳銃で撃ちぬいた。グラントは何も武器は持っていなかった。彼には4歳の娘がいた。撃った警官は白人で、テーザー(電気ショック銃)と拳銃を間違えたと言い訳したが、「黒人だから撃ったんだ」とオークランドの黒人たちは怒り狂った。

 しかし、ミクソンはグラントのような無実の若者ではなかった。13歳から暴行事件で逮捕され、20歳で強盗罪で懲役刑をくらい、現在は売春婦の元締めをしていた。しかも、ミクソンの家の周辺で数ヶ月前から5件のレイプ事件が起こっていた。12歳前後の被害者たちは、道を歩いている時、後ろからいきなり拳銃を突きつられ、そのまま路地に引きずり込まれてレイプされたのだ。犯人の残した体液とミクソンのDNAが一致し、警察は彼を探し始めていた。もし逮捕されたら終身刑が待っている。だからミクソンは警官を撃ったのだ。人種は関係ない。

 それに殺された警官4人のうち2人のSWAT隊員は日系人だった。先頭に立って撃たれたリーダー、アービン・ローマンズ(43歳)と、ダニエル・サカイ(35歳)。そのローマンズ巡査部長こそ、強盗に襲われた妻を保護してくれた警官だった。あのとき、「わたしも母が日本人で、和食で育ちました」と言っていたから覚えていたのだ。

 アメリカ全土で犯罪者が警官に射殺され、また警官が犯罪者に射殺されている。犯罪者の多くは黒人やメキシコ人などのマイノリティだ。「これは人種戦争だ」とロドニー・キング事件のときのような暴動を煽る黒人グループもある。

 だが、4人の警官の葬儀に集まった2万人には黒人やメキシコ系の住民も多かった。エドワード・トレイシー警部補は弔辞のなかで、事件を警察に通報し、捜査に協力した目撃者たちに感謝を述べた。彼らは全員、黒人だった。「なかでも、撃たれた警官に緊急救命措置をしてくれた男性に感謝の気持ちを伝えたい」

 白バイ警官が撃たれた現場にたまたま居合わせたその男性は、瀕死の警官の動脈を指で押さえて軍隊で習ったCPR(緊急蘇生)を施した。全身血みどろになって。警官は白人で、彼は黒人だった。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!