注目のキーワード
文字サイズ
VOICES コラム&ブログ
COLUMN コラム

香港のモブ活動に思うこと

2012年01月10日(火)07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 8日の日曜日、香港九龍の繁華街、広東ロードにある有名ブランド店「ドルチェ&ガッバーナ」(以下、「D&G」)前に数千人の香港市民が集まり、大騒ぎになった。

 直接の起因は、先月「D&G」の前で写真を撮ろうとカメラを構えた人を店員が出てきてさえぎったことだった。九龍半島の繁華街尖沙咀、そこを南北に走る広東ロードの南端から約500メートルほどのところに、20年以上も前から中・高級ブランドが入るショッピングモールが道路に沿って伸びている。特に歩道わきの路面店は「D&G」のほかに「フェラガモ」「プラダ」などが並び、それぞれがブランドイメージをたっぷりと漂わせ、趣向を凝らした店構えだ。

 香港は観光都市だから、どこでも誰でもいつもカメラを提げてシャッターチャンスを狙っている。さらに昨今はカメラ機能を持った携帯電話はほぼ常識だ。観光客だけでなく香港人だってそこがプライベートな場所でさえなければ、誰もが目にしたものをカメラに収めることができると思っている。もちろん、立ち並ぶブランド店のクリスマスや新年、旧正月をはさんだ今の時期に見事なまでにおしゃれに飾られた店構えにカメラを向ける人だって少なくない。

 それを店員が禁ずる権利はあるのか? それが報道されると、香港は騒然となった。きっかけとなった店は「D&G」だったが、それを契機に広東ロード沿いに並ぶ「プラダ」や「フェラガモ」など高級ブランド店に向けて路上からカメラを構えたところ、店から黒人の警備員が出てきて制止されたり、「なぜだ?」と不平を抱いた人ともみ合いにになり、カメラを叩き落された人の例も報告された。するとますます騒ぎはヒートアップし、わざわざ出かけてモール前で写真を撮る人が増え始め、モールからも警備員が出てきてそれを制止するようになった。

 最初は単なる「話題」だったはずのそれが記事になり、「事件」になった頃、「D&G」は「当該店員が未熟だった」と謝罪、「写真を禁じたのはコピーされるのを防ぐため」と説明した。しかし、それは明らかに個別の店員の問題ではなく、また「D&G」一店舗だけでもなく、一連のブランド店、さらにはショッピングモール全体の「態度」、さらには「買わない香港人近寄るべからず」という態度らしい、と人々は理解した。

 そこからフェイスブックに「D&G万人影相活動」ページ(「影相」は「写真を撮る」という意味の広東語)が作られ、今月8日の日曜日に「D&G」の前に集まって写真を撮るよう人々に呼びかけたところ、同店舗前のわずか5メートル程度の幅の歩道に千人近いモブ(群衆)が集まり、押すな押すなの騒ぎになったというわけだ。

 なぜそこまでブランド店側は撮影を嫌がるのか。

 一説では、ブランド店が守りたいのは自分たちの製品のコピーライトではなく(実際のところ、香港の店舗の外で写真撮影を禁止しても、高級ブランドの広告はあちこちにあふれている)、店に入って買い物をする「顧客」たちなのだ、という噂も流れている。今や香港には高級品を買い漁る中国国内からの観光客が押し掛けており、そんな高級店に出入りする顧客のだれかが偶然通行人のカメラに収められ、撮影者が意図するしないに関わらず、あずかり知らぬところでその写真が公開され、その「事実」に気づいた人から情報が流れ出したらどうなるか。

 中国ではかつて、1999年に主権が返還されたマカオに各地の高官がお金を持ってギャンブルに出かけて破産するという騒ぎが続いた。そのお金が実際には個人のお金ではなく、彼らが職務上預かっていた公金であった例も少なくなかった。中国中央政府はその後、中国からマカオへの旅行条件を厳格化してカジノへの出入りを制限したが、そのお金を持て余す人たちはほかの「使い道」をすぐに探し出した。香港の高級ブランド店で高額なバッグや貴金属を、まるでお土産のチョコレートやキャンディのようにぽんぽん買っていく中国人たちの姿は、すでに香港では「小耳にはさんだ」程度の噂ではなく、常態として知られるようになった。

 実際に、中国国内ではその収入に見合わないほどの高級たばこを吸っていたり、高級腕時計をつけていた役人の写真がネットでさらされ、それが汚職の証拠だと非難の的になり、下野した例も少なくない。だから、ブランド店としては「顧客」が店内で買い物している姿を知らぬうちに通行人たちの写真に収められて騒ぎになり、「顧客」に敬遠されるようになってしまえば商売あがったり。それを防ぐために、「顧客」の身分はともかく、通行人たちの自由な写真撮影を禁じるようになった――中国への主権返還以降、中国の役人の汚職や悪政に激しい嫌悪感を持つ香港市民にとって、これも許されない論理だ。

 しかし、今回実際に人々の怒りに直接火をつけたのは、大衆紙「りんご日報」紙記者がモールの警備員ともみ合った際に撮ったビデオがネットで公開され、「買わないやつが写真なんかとるな」という言葉だったらしい。

「中国からの金持ちなら許せるが、貧乏な香港人は外から写真も撮るなと言うのか」「バカにするな、香港の店のくせに」「差別するのか」「金持ちにへつらうのか」、このモブ騒ぎではこういった言葉が口々に叫ばれた。

 ただ、わたしはこの活動をネット上で支援した40代の香港人の友人と話をしていてこう思った、「香港は昔から金持ちには親切な土地柄ではなかったか」と。

 わたしが香港に移り住んだ80年代、香港のブランド店は明らかに金持ちを相手にしていた。わたしのような買う気もない人間が冷やかしに店に入っても、店員は寄っても来なかった。実際にはほとんどの香港人が高級ブランドなぞには興味を持っていなかった。一方で、かつて香港人が中国国内の人たちを見下していたのも、彼らが貧しかったからだ。香港人はそうやって「金」で相手を見ていたのではないか――

 友人は「その通り」とうなづいた。しかし、今回のモブ行動に参加した顔ぶれをビデオで見ると、70年代から80年代生まれの若者が中心だ。彼らはその後の香港の経済成長とともに世界的なブランドと流行に囲まれて育ったが、ここ数年、香港の経済的な地位の凋落と中国から受けている政治的プレッシャーに一番敏感に反応する世代でもある。かつて彼らの父親の世代は「金がない」と中国人を見くびっていたが、彼らはお金を持つ中国人が自分たちの目の前でブランド品を買い漁る様子を苦々しく思っている。

 香港社会は明らかに世代交代に入っている。しかし、今回のモブ行動に対して、かつて80年代を成人として過ごした香港人たちはどう思っているのか、そしてかつて自分の親たちが金持ちだけを優遇してきたことを若い世代はどう思っているのか、今度きちんと尋ねてみたいと思っている。

最新ニュース

ワールド

アルゼンチン債務問題で協議、一部債権者は支払命令停止要請

2014.07.30

ビジネス

焦点:食肉問題は「氷山の一角」、穴だらけの中国食品検査

2014.07.30

ビジネス

ドル102円前半で小動き、米イベント控え様子見強まる

2014.07.30

ワールド

広島に原爆投下の「エノラ・ゲイ」、最後の生存者が死去

2014.07.30

新着

食の安全

「毒食肉」の源はアメリカ? 

中国子会社の不潔を詫びる米国親会社OSIグループの恐るべき実態 [2014.8. 5号掲載]

2014.07.30
医療

反ワクチン運動の危険な展開

新生児に必要なビタミンK投与を拒否する親も出てきたが、赤ちゃんに深刻なダメージをもたらしかねない 

2014.07.29
書店

無料配送を禁じるフランスにアマゾンが一矢

次々と革新を生むアマゾンの前にフランスが立ちはだかった理由 [2014.7.29号掲載]

2014.07.29
ページトップへ

Recommended

COLUMNIST PROFILE

ふるまい よしこ

ふるまい よしこ

フリーランスライター。北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学んだ後、雑誌編集者を経てライターに。現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説している。著書に『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)。
個人サイト:http://wanzee.seesaa.net
ツイッター:@furumai_yoshiko

MAGAZINE

特集:イスラエルの暴挙

2014-8・ 5号(7/29発売)

国連から「戦争犯罪」の可能性が指摘されるガザの殺戮
なぜ国際社会はイスラエルを止められないのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    やっぱり危ない中国食品、マクドナルドとKFCに打撃

    賞味期限切れの肉を販売していた上海の企業から仕入れ…

  2. 2

    マレーシア航空が今度はシリア上空を飛んでいた

    ウクライナでの撃墜直後に内戦のシリア上空を飛行した…

  3. 3

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  4. 4

    ヤフーの果てしない無駄働き

    広告の単価下落で減収減益が続くヤフーの巻き返し策は…

  5. 5

    急増する中国系移民にバンクーバーで高まる反感

    投資と引き換えに中国人移民を受け入れたものの、中国…

  6. 6

    わが子を1人で遊ばせるのが児童虐待?

    娘を1人で公園に遊びに行かせた母親が逮捕されたこと…

  7. 7

    イラクとシリアはウクライナとガザより深刻だ

    ウクライナとガザの情勢がメディアの関心を集める影で…

  8. 8

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

    日中の尖閣問題からアメリカのイラン制裁まで、国家間…

  9. 9

    マチュピチュの神秘に迫る危機

    新空港建設による経済効果が期待されるが遺跡や自然環…

  10. 10

    グーグルの反撃で骨抜き「忘れられる権利」

    ネット上の不名誉な記述を削除してもらう権利はあるの…

  1. 1

    日本の大学は学位を売る「ディプロマ・ミル」になるのか

    理研の小保方晴子氏の博士論文をめぐって、早稲田大…

  2. 2

    中国の鶏肉問題、論点の再整理が必要では?

    中国の上海市にある「上海福喜食品」で、使用期限切…

  3. 3

    現代日本で「大家族化」は可能なのか?

    安倍首相は先週山口県で行った講演で、少子化対策の…

  4. 4

    なぜ中国はいま韓国に急接近し始めたのか

    中国の習近平国家主席が、7月3日から韓国を訪問し…

  5. 5

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治家か…

  6. 6

    ウクライナ東部、旅客機撃墜を取り巻く複雑な状況

    7月17日の米国東部時間のお昼前後に、「ウクライ…

  7. 7

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月30…

  8. 8

    東京の伝統美を「破壊者」から守れ

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月1日号…

  9. 9

    ろくでなし子氏の逮捕、何が問題か?

    漫画家で美術家の「ろくでなし子」氏が逮捕されまし…

  10. 10

    「デフレ脱却」で賃金は下がり、景気は悪化する

    昨年4月、日本銀行の黒田総裁は「デフレが不況の原…

  1. 1

    台湾の旅客機墜落で47人死亡、台風直撃で視界不良

    台湾の澎湖島で23日、復興航空(トランスアジア航…

  2. 2

    焦点:「平和主義」か「産業保護」か、武器輸出規制に揺れるドイツ

    今年初め、ドイツの政治家らは、シリア北部でクルド…

  3. 3

    バスへ飲料水・ヨーグルト持ち込み禁止、中国新疆ウルムチが規制

    中国は新疆ウイグル自治区のウルムチで、航空会社と…

  4. 4

    墜落のアルジェリア旅客機、マリで残がい発見の情報

    西アフリカのブルキナファソを出発し、アルジェリア…

  5. 5

    麻生財務相、15年度の健全化目標達成に厳しく取り組む姿勢示す

    麻生太郎財務相は25日、閣議後の会見で、内閣府試…

  6. 6

    ロシアがウクライナ分離派に大型ロケット、25日中にも=米国

    米国防総省報道官は25日、ロシアからウクライナ東…

  7. 7

    ロシア兵1.5万人、ウクライナ国境沿いに集結=NATO米大使

    米国の北大西洋条約機構(NATO)大使は25日、…

  8. 8

    中国甘粛省で腺ペストで1人死亡、一部地区を封鎖

    新華社によると、中国北西部の甘粛省玉門市で先週、…

  9. 9

    中国期限切れ食肉、米ヤムが親会社OSIとの取引打ち切り

    米食品卸売会社OSIグループ傘下の中国企業・上海…

  10. 10

    ロシア領内からウクライナ砲撃の証拠、米国が入手と発表

    米国務省のハーフ副報道官は24日、親ロシア派とウ…