コラム

憂鬱な「空気」

2011年10月30日(日)07時00分

「なんでおれは、このアカウントをフォローしてわざわざ自分を暗い気分にしてんだ?」

 数年前、在北京のある華僑がツイッターでこうつぶやいていた。「そりゃ、自業自得だろ」と思ったわたしもいつのまにやらそのアカウントをフォローし、1時間ごとにそれが発するつぶやきをできれば見たくない、しかし見てしまう、という同じジレンマに陥っている。

 そのアカウントとは「@BeijingAir」(https://twitter.com/beijingair )。北京にあるアメリカ大使館が敷地内に機器を持ち込み、大気中の粒径2.5μm以下の粒子状物質濃度PM2.5とオゾンの状態を監視、それを1時間ごとにつぶやいているアカウントだ。これを書いている時点でのPM2.5観測結果はずっと、「Very Unhealthy」(非常に不健康)「Hazardous」(有害)が並んでおり、これを見て落ち込まない方がどうかしている。

 しかし、だからといって何ができるだろう? 北京市環境保護局が発表した、この時間帯を含む「汚染指数予測」は125-145とされており、「軽微汚染」だという。もちろん、「予測」は現実にあらず、即時計測のアメリカ大使館のデータの方が真実味がある。しかし、毎日毎時、「非常に不健康」「有害」といった文字が並ぶデータを信じ続けるには勇気がいる。そして、その同じジレンマを北京の市民も感じるようになり、北京市環境保護局とアメリカ大使館の数値の余りの差をどう読み比べ、何を信じるべきかとウェブ上で話題になり始めた。

 実際には北京市とアメリカ大使館の数値の違いは主に北京市が「PM10」と呼ばれる粒径10μm以下の粒子状物質を監視しているためで、中国ではこのような物質を「可吸入顆粒物」と呼んでいる(ちなみに、日本ではアメリカが監視するPM2.5よりも緩く、しかし中国が採用するPM10よりも細かい粒子のみを対象にしたSPMという監視方法をとっているそうだ)。だが、PM10濃度の増大は呼吸器や心臓、血管系の病気の罹患率を高め、緊急治療室への来診数が増えることが証明されており、さらにPM2.5濃度と死亡率の高さの関係はPM10濃度のそれを超えていることも明らかになっているという。

 北京は、オリンピックが行われた2008年には確かに青空が続いたし、翌年も晴れた日が多く、大気環境改善に成功したかと思われた。しかし、昨年あたりからすでにそれも過去のものとなり、今年は以前よりもましてスモッグが低く霧のように垂れこむ日が続いている。報道によると、アメリカ大使館の「@BeijingAir」では昨年、「Hazardous」を通り越して「Crazy Bad」(驚異的なひどさ)という評価を記録した日があったそうだが、その後「Beyond Index」(指数越え)と書き換えられたらしい。友人たちの中には、真顔で空気の悪さを理由に移民を口にする人まで出て来て、ここに暮らす者として一概にそれを冗談だと思えないレベルである。

 あまりの状況の悪さに「@BeijingAir」の数値を、「いや、あれはアメリカ大使館の敷地内の空気の質を示すもので、北京全体の指数として見るには当たらない」という「阿Q精神」を発揮する者もいる。「なぜ北京市はPM2.5濃度を発表しないのか」という声に対して、一部の大学の専門研究所などでは試験的にPM2.5濃度の監視を始めており、実際にそこで高い濃度データが計測された時には付近の大学病院の心臓血管科を訪れる患者が増えるという結果もつかんでいると、「南方週末」紙は伝えている。さらに、北京市内にはすでに40カ所以上のPM2.5の監視ポイントが設けられており、全国でも南京、広州、上海、長沙など20都市でモデル監視が始まっているが、それでも環境保護局がPM10濃度基準の発表にこだわっているのは、「PM2.5濃度観測を大気レベルの基準にすれば、現在基準合格とされる全国都市の20%がレベル落ちしてしまうから」という専門家の声が紹介されている。

 実はわたしも先週末に杭州に遊びに行って帰ってきて以来、北京は重苦しいスモッグに包まれており、ずっと顔の痒みに悩まされている。もともと北九州という工業地帯で育ち、香港でも車と人の往来の多いモンコック地区で長年暮らしたので空気の悪さには免疫があると自信があったわたしだが、北京に来てから花粉症を発症、さらに近年では1年に数回、こんな顔や唇の腫れやかゆみを経験するようになった。

 北京環境保護局のサイトをのぞくと、9月30日のレポートでは「年間における2級以上の大気レベル日数目標75%(274日間)まであと54日」とあり、それが10月末の時点で「あと35日」に減っていた。つまり、10月の北京は20日間も「大気良好」だったということか。だが、暮らしている人間にとってはどう考えても「スモッグが20日間」というほうがしっくりくる1カ月だった。

 北京市の環境保護局は「ノルマ達成」のためのカウントを進めている。我々が憂鬱になりながら、今日も@BeijingAirを眺め続けるのも仕方がないではないか。

プロフィール

ふるまい よしこ

フリーランスライター。北九州大学(現北九州市立大学)外国語学部中国学科卒。1987年から香港中文大学で広東語を学んだ後、雑誌編集者を経てライターに。現在は北京を中心に、主に文化、芸術、庶民生活、日常のニュース、インターネット事情などから、日本メディアが伝えない中国社会事情をリポート、解説している。著書に『香港玉手箱』(石風社)、『中国新声代』(集広舎)。
個人サイト:http://wanzee.seesaa.net
ツイッター:@furumai_yoshiko

ニュース速報

ビジネス

政府・日銀、英EU離脱で幹部会合 財務官「新たな均

ビジネス

ロッテ株主総会、現経営陣刷新案を否決 長男側は臨時

ワールド

アングル:北朝鮮ミサイル開発にみる金正恩氏の「鉄の

ビジネス

米国株が大幅反落、英EU離脱の不意打ちで

MAGAZINE

特集:英国はどこへ行く?

2016-6・28号(6/21発売)

EU離脱の是非を問うイギリス国民投票はいかに──。統合の理念が揺らぐ欧州と英国を待つ未来

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  2. 2

    もし第3次世界大戦が起こったら

  3. 3

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  4. 4

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  5. 5

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  6. 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  9. 9

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  10. 10

    あらゆる抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」、アメリカで初の感染が見つかる

    ペンシルバニア州に住む49歳の女性から発見…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    美学はどこへ行った?(1):思想・哲学・理論

    <現代アートの国際展は、思想や哲学にインスパイアさ…

  6. 6

    グラフでわかる、当面「円高」が避けられないただ1つの理由

    〔ここに注目〕物価 為替市場において円高が…

  7. 7

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  8. 8

    北海道新幹線は、採算が合わないことが分かっているのになぜ開通させたのか?

    〔ここに注目〕JR北海道の経営母体 北海道…

  9. 9

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  10. 10

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  1. 1

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  2. 2

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  3. 3

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  4. 4

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  5. 5

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  6. 6

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  7. 7

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  8. 8

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  9. 9

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  10. 10

    クリントン氏優位保つ、トランプ氏と支持率11ポイント差=調査

    ロイター/イプソスが実施した最新の世論調査に…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう