コラム

中国 風見鶏便り ふるまい よしこ

天安門事件、25周年

 香港に行ってきた。6月4日の天安門から今年で25年目。あの日を香港で過ごしたわたしとしては、25周年はどうしてもここで迎えたかった。  2

2014.06.08

日本はどれほど「アジア」を知っているのか?

 南海沖で起きた、ベトナムと中国の衝突が日本で高い関心を引いている。メディアの報道ぶりも日本と直接関係のない事例としては珍しいほど力が入って

2014.06.02

「先祖返り」する習近平体制

 習近平政権はその出現前から一部でささやかれていたように、完全に前任の胡錦濤政権とは違う、自分の価値観を推し進めていることが次第に明らかにな

2014.05.21

大陸と香港、深い隔たり

 今回は少々びろうな話題が出てくるので、食事時に読むのはご遠慮いただきたい。  これまで何度かこの欄で書いてきたが、中国と香港の間で続く不協

2014.05.09

中国的歴史認識とポピュリズム

 マレーシア航空機が見つからないままもう1ヶ月半あまりが経った。先週、『ニューヨーク・タイムズ』などをはじめとする欧米メディアから次々と、「

2014.04.26

中国の夢、それぞれの日々

「息子がスマホにVPNを入れてくれたんですよ...」と友人がスマホを取り出しながら言った時、わたしは一瞬くらっときた。  そうか、中国ではも

2014.04.11

グレーゾーンvsグレーゾーン:それがこの国?

 2月の「人々はスマホに自分の運命を賭け始めた?」でわたしが興奮丸出しでご紹介した、「アリババ vs テンセント」という2大ネット企業のオン

2014.04.02

第一夫人

 先週末の北京は「やっと春だ!」と叫んでしまうほど気持ちのよい陽気だった。真冬の間にすっかり葉を落とした街路樹に緑が戻ってくるのはもうちょっ

2014.03.25

海に落ちた針

 これを書いている北京時間の3月13日午前現在、8日未明にクアラルンプールを北京に向けて出発した後消息を断ったマレーシア航空MH370便の「

2014.03.13

「テロリスト」の向こうに潜むもの

 先週末、夜の昆明駅で起きた大量無差別殺傷事件は、中国で暮らす人たちに大きな衝撃をもたらした。公安当局の発表によると、わずか8人ほどが振り回

2014.03.06

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 4

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 5

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!---…

  • 6

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 7

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 8

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 10

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!