コラム

中国 風見鶏便り ふるまい よしこ

鳥インフルエンザ騒ぎに見る「知識不在社会」

 まったく......一難去ってまた一難、とはこのことですね。  去年の秋からにわかに北京の空を「彩った」PM2.5。そのまま映画「バットマ

2013.04.11

アップルの「旨み」

「神経病!」(キチガイだ!)  周囲の人たちはみんな一言、吐き捨てるようにこう言って顔をしかめた。わたしの知っている限り、彼らの半数以上はア

2013.03.31

権利とメディア

 3月15日は「国際消費者権利デー」。そんな日があることを、中国に来てから初めて知った。実は1962年のこの日にケネディ米大統領が発表した一

2013.03.21

たかが粉ミルク、されど粉ミルク

 3月1日から香港で施行された条例が、中国で大きな論争を引き起こしている。いや、正確に言えば論争はほぼ「香港vs中国」状態に近く、このまま民

2013.03.11

ハッカー騒ぎで中国がいろいろと不利なわけ

 早いものでもう3月に入った。中国の3月は政治の季節。この時期に全国から約5000人あまりの政治協商委員や人民代表らが北京に集まり、1年に1

2013.03.02

春節の到来

「恭喜發財! 生意興隆! 身體健康! 馬到功成! 心想事成!...禮是逗來!」  わたしの旧暦正月、「春節」の思い出は香港に始まる。観光都市

2013.02.20

炎上した「愛心」

 2013年1月4日午前8時40分、河南省蘭考県で起きた火災が7人の子供の命を奪った。焼けたのは14人の子どもたちが暮らすアパート。そのうち

2013.02.10

虚々実々、皿と檻のおはなし

 お皿の中が綺麗になくなった。6人で大皿6枚分たっぷり並んでいた肉、そして数皿のきのこや野菜を流行りの1人前サイズの小鍋が1人ひとりの目の前

2013.01.31

「憲政」という敏感詞

 ふと思い立って、中国の国産マイクロブログ「微博」の検索欄に「憲政」と打ち込んでみた。すると、「関連法律、法規及び政策により、『憲政』の検索

2013.01.20

まだまだ遠き春――「南方週末」事件顛末記

 新年早々、日本でも報じられた広東省広州市に本拠地を置く週刊紙「南方週末」編集部のストライキ騒ぎが収束したらしい。 ......「らしい」と

2013.01.11

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 3

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 6

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 9

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 10

    バブルは弾けた

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!