コラム

米国の産官学が一体となってAIを使って新型コロナウイルスに対抗

2020年04月16日(木)12時50分
米国の産官学が一体となってAIを使って新型コロナウイルスに対抗

新型コロナウイルスの治療法開発、感染拡大予測などのため米国内31カ所のスーパーコンピューターを開放するプロジェクト COVID-19 HPC Consortium

エクサウィザーズ AI新聞(2020年4月16日付)から転載

米国の産官学が一体となってAIを使って新型コロナウイルスに対抗し始めた。

米産官学コンソーシアム「COVID-19ハイ・パフォーマンス・コンピューティング・コンソーシアム」によると、米国内の31箇所のスーパーコンピューターを、コロナウイルス関連の世界中の研究者に無料で開放するという。コロナウイルスの構造を解析するためのシミュレーションや、ウイルスの付着場所の発見、感染拡大地域の予測などに、AIとスーパーコンピューターを利用できるとしている。

既に35以上のプロジェクトの提案が寄せられており、運営委員会が1日に2〜6の提案を審査し、どのプロジェクトにどのスーパーコンピューターを割り当てるのかという作業を急ピッチで進めているという。

同コンソーシアムは、IBMと米エネルギー省が中心になって創立。Google、Microsoft、Amazon、ヒューレット・パッカード、NVIDIA、AMDなどの民間企業に加え、米航空宇宙局(NASA)や、米科学財団(NSF)、ピッツバーグ・スーパーコンピューティング・センター、ワイオミング・スーパーコンピューティング・センター、ローレンス・リバモアなどの6箇所の国立研究所などの公的機関、マサチューセッツ工科大学(MIT)やカリフォルニア大学、テキサス大学などの大学の研究所なども協力している。

AIで治療薬開発

こうした産官学のコンピューターを合わせた計算能力は400ペタフロップ以上。スーパーコンピューターの定義が8ペタフロップ以上なので、スーパーコンピューターを50台、合わせた計算能力になる。

採択された研究プロジェクトの1つに、Argonne国立研究所のCOVID-19の治療方法の開発がある。同研究所は、AIでウイルスの生物学的メカニズムを解明し、治療方法の開発を急いでいる。

ドイツのAIベンチャーInnoplexusは、新薬を開発するための新たな分子を生成するためにディープラーニングを使うという。ドイツの自粛政策で自社のコンピューターを利用できなくなったので、遠隔で米国のコンピューターを利用させてもらうのだという。

MITは、人間のレセプターと同じような機能を持つレセプターの開発を急いでいる。大量に摂取しても副作用のないレセプターを、スーパーコンピューターを使って探し出そうとしているようだ。

NASAの研究者は、コロナウイルスで肺炎になるリスクのある遺伝子を特定。そのような遺伝子を持つ人たちを特定するために、スーパーコンピューターを利用する考えだという。

【著者からのお知らせ】
■優秀な仲間たちと社会課題を解決しよう
エクサウィザーズ の強みは、技術力xビジネスセンス。社会課題の解決に向け急成長中。エンジニアだけではなく、ビジネスサイドの人材も必要なんです。チャレンジ精神旺盛な方大募集です。
集え!社会を変えるウィザード達

20200421issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

ロシア、3000人以上を拘束 ナワリヌイ氏釈放へ全

ビジネス

米上院委、イエレン財務長官の指名承認 25日に本会

ワールド

トランプ氏弾劾裁判、2月8日の週に開始 米上院与野

ワールド

バッハIOC会長、東京五輪実現へ決意表明 「見通し

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!