佐川恵里子

ライター・編集者
女性ファッション誌、シンガポールでの通信社勤務を経て、フリーランスに。海外セレブ事情、ファッショントレンド、ヘルスケアなど、幅広いジャンルの最新事情を執筆。モータースポーツを愛す。

セレブ

ハリウッドの「モテ女」エミリー・ラタコウスキーが来日 息子と東京を満喫!

2023.03.30
セレブ

やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

2023.02.03
セレブ

【写真】美容整形を受けた男性セレブたち

2023.02.03
セレブ

「誰!?」すっぴんのキム・カーダシアン ほぼ認識できず

2023.02.02
セレブ

「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

2023.02.01
ファッション

パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

2023.01.30
セレブ

ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

2023.01.27
セレブ

ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

2023.01.25
英王室

炎上商法の天才メーガン・マークルはどれくらい金持ちか?

2023.01.23
ミス・ユニバース

ミス・ロシアの血の色ドレスに怒り ミス・ウクライナ「ミス・ユニバース出場者には戦争が起きているのを知らない子もいた」

2023.01.23
ミス・ユニバース

「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユニバース タイ代表のアルミ缶のプルタブで作られたドレスに喝采

2023.01.17
ミス・ユニバース

【画像】ミス・ユニバース、タイ代表のアルミ缶のプルタブで作られたドレスに喝采

2023.01.17
英王室

チャールズ国王はさらなる暴露に戦々恐々「ヘンリー王子との争いから逃げたい」と友人に明かす

2023.01.16
Z世代

「セクシーすぎる」美ボディ・インフルエンサーは大成功! 「カイリー・ジェンナーの親友」の快進撃

2023.01.13
英王室

「男性器が凍傷」だった......ヘンリー王子の自叙伝の一部がリーク、ウイリアム王子夫妻の結婚式で

2023.01.10
英王室

ウィリアム王子、弟ヘンリーとの関係は「終わった」と友人に語る

2022.12.16
流行

「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シースルー旋風はブラをも吹き飛ばす

2022.12.15
  • 1
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中