最新記事

ミス・ユニバース

「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユニバース タイ代表のアルミ缶のプルタブで作られたドレスに喝采

2023年1月17日(火)20時52分
佐川恵里子

ミス・ユニバース、タイ代表のアンナー・スアンガームイアムさん  instagram/@annasnga_1o

<ミス・ユニバース、タイ代表のアンナー・スアンガームイアムさんは、女優、モデルとして活躍する24歳。彼女は、バンコクのゴミ捨て場で育った......>

先週幕を開けたミス・ユニバース。世界各国から集結した美女が本戦を賭け予選で「美」を競った。

なかでも注目を集めたのは、タイ代表のアンナー・スアンガームイアムさんだ。女優、モデルとして活躍する24歳の彼女は、バンコクのゴミ捨て場で育った。両親はごみ収集業を営んでおり、決して恵まれた環境で育っていないことを明かしている。

休日には両親の仕事を手伝うこともあり、ゴミとして捨てられていたおもちゃを修理したもので遊んでいたという。

>>■■【画像】ミス・ユニバース、タイ代表のアルミ缶のプルタブで作られたドレスに喝采

アルミ缶のプルタブとスワロフスキークリスタルを組み合わせたドレス

今回の世界大会で話題になっているのは、イブニングガウンの審査でスアンガームイアムさんが着用したもの。アルミ缶のプルタブとスワロフスキークリスタルを組み合わせたドレスはファッションブランド「Manirat(マニラット)」がデザインを手がけた。

このドレスは、スアンガームイアムさんがインスタグラムで写真を公開して以来、15万件以上の「いいね!」を獲得している。

スアンガームイアムさんは、このドレスは彼女の生い立ちとゴミ収集人であった両親への敬意を込めたオマージュだと語っている。

投稿に添えられたメッセージには、「このガウンは、私の子供時代の身近な環境からインスピレーションを受けました」「このユニークなガウンは、多くの人に価値がないと思われているものが実は独自の価値と美しさを持っていることを示すために、アルミ缶のプルタブを使って意図的に仕立てられました」「これを見て、聞いて、そして願わくばその価値を示すメッセージとなりますように」とある。

「彼女は "ゴミから生まれた美の女王 "と呼ばれたけれど、彼女の宝石のようにまばゆい輝きを止めることはない」と書かれている。

>>■■【画像】ミス・ユニバース、タイ代表のアンナー・スアンガームイアムさんの美しい姿

バンコクのスラム街で生まれ、寺院に預けられた

ミス・ユニバース公式に掲載された情報によると、スアンガームイアムさんは、バンコクのスラム街で生まれ育った後、安全とは言えない環境を懸念した両親によって、寺院に預けられた。仏教の尼僧に囲まれて育ち、食事は主に僧侶が食べ残した物だったという。

「幼い頃から貧しさが理由で、学校生活は他の子どもたちと差がつき、特に高い授業料に苦労した」と彼女の経歴に書かれている。学費をまかなうために、彼女はポイントを集め、毎学期献血をし、ペットボトルを集め、公衆トイレの掃除をしなければならなかった。こういった経験から、スアンガームイアムさんはタイの子どもたちが平等に教育を受けられない状況に疑問を抱くようになったそうだ。

スアンガームイアムさんは現在、自分のプラットフォームを通じて、恵まれない環境にある子どもたちの声を代弁し、増幅させたいと考え、複数のNPOで活動している。

>>■■【画像】ミス・ユニバース、タイ代表のアンナー・スアンガームイアムさんの美しい姿

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など

ビジネス

フランス、EU資本市場の統合推進 新興企業の資金調

ビジネス

3月改定景気動向指数、一致指数は前月比+2.1ポイ

ワールド

朝鮮半島問題の解決、努力することで一致=日中韓サミ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中