最新記事

英王室

炎上商法の天才メーガン・マークルはどれくらい金持ちか?

2023年1月23日(月)19時50分
佐川恵里子

手にあるカードを最大限活かし金に変える手腕で彼女の右に出るものはいないかもしれない......REUTERS/Andrew Kelly

<結婚した時点でメーガン妃個人の純資産は200万ドル(約2億5,700万円)あったという。そしてNetflixドキュメンタリーや書籍の契約で......>

ヘンリー王子の回顧録、『スペア』(原題:Spare)が1月10日の発売初日から、40万部と、英国のノンフィクション作品史上、最速の売れ行きを記録している。賛否両論が溢れているが、これだけ話題になっているのだから、出版社としては大成功だろう。もちろんヘンリー王子の妻メーガン妃も、だ。

英王室を離脱してからというもの、英王室を批判する暴露ネタを期待されメディアに引っ張りだこのヘンリー王子夫妻。メーガン妃は、昨年、Varietyの「Power of Women 2022」に選出され、ここでもエリザベス2世との関係や彼女の人生に影響を与えた女性について語り、英王室をダシに注目を集めた。

メーガン妃は自身のポッドキャスト番組「Archetypes(アーキタイプス)」で英国なまりの英語を披露したり、英王室メンバーとして活動していたときに起きた「差別的な嫌なこと」を語り、毎週のように炎上していた。

ただ、彼女は抜かりない。「Archetypes(アーキタイプス)」をしっかり商標登録している。手にあるカードを最大限活かし金に変える手腕で彼女の右に出るものはいないかもしれない。

>>■■【動画】ハリーとメーガンはどのくらい稼ぐのか?

メーガン・マークルの純資産

Celebrity Net Worthによると、メーガン妃は夫のハリー王子との間に、6000万ドル(約77億円)の純資産を保有している。

ヘンリー王子との結婚によってサセックス公爵夫人、ダンバートン伯爵夫人、キルキール男爵夫人という称号を得たが、メーガン妃にはそれ以前の俳優としてのキャリアがある。結婚した時点でメーガン妃個人の純資産は200万ドル(約2億5,700万円)あったそうだ。

2020年のはじめに英王室から離脱したヘンリー王子夫妻は、ヘンリー王子が王室を通じて受け取った報酬の権利を手放した。

2020年3月、ハリー王子とメーガン妃は王室から経済的に切り離され、故ダイアナ元妃の遺産から相続した1,300万ドル(約17億2,000万円)分の信託を頼りにしていると、オプラ・ウィンフリーに話したという。しかし、それ以来、ハーリー王子夫妻は信じられないほどの富を築き上げた。

英王室を離れ、メーガン妃の地元である米カリフォルニア州に引っ越した2人は、Netflixと5年間で1億ドル(約128億円)の制作契約を結んだ。長編映画、子供向け番組、ドキュメンタリーなどを制作する。

また、スポティファイとも1,800万ドル(約23億円)の契約を結び、コンテンツ制作や番組の司会など、クリエイティブな活動を展開している。詳しい契約条件は発表されていないが、この契約は3500万ドル(約45億円)の価値があるのではないかと、ある業界専門家は米ニューズウィークに語っている。

>>■■【動画】ハリーとメーガンはどのくらい稼ぐのか?

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU9カ国、原発由来水素を再生可能エネと認めるよう

ビジネス

独BMW、メキシコ工場に約8.7億ドル投じてEV化

ワールド

ウクライナ国防相が交代へ、後任に情報機関トップ

ワールド

米、撃墜した中国偵察気球の回収作業に着手

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月