World Voice

powerd_by_nw

スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~

永田賢|インド

[備忘録] ベンガルール初任者向け&出張者向け生活セットアップ情報

iStock

COVID19も落ち着きを見せてきたので、この数か月、出張者や赴任者が体感ベースで増えてきました。

そこで、今回の寄稿では、「ベンガルールには何があるのか?準備やセットアップに必要な情報は何か?」といったお困りごとに対応できるように、以下情報ソースや気を付けるべき点についてまとめてみました。

1.情報ソース一覧

まず、バンガロール日本人会の生活ガイドは、一部なくなったお店やサービスがあるものの、網羅的にリスト化されているのでおススメです。

以下の情報を起点にして、実際にお店に行ってみたり、調べてみると生活セットアップが効率的になるでしょう。

生活ガイド - バンガロール日本人会 / The Japanese Association of Bangalore (bangalore-nihonjinkai.com)

ただ、リストだけではどんなお店なのかわからないってこともあると思いますので、そんなときにはインスタグラムのハッシュタグ検索で住人がどんな生活を送っているのか投稿している写真から把握することが可能です。

あくまでも公開されているものに限りますが、実際に住んでいる人がどんな風にベンガルールを見て感じているかがわかるので、見てみるとイメージがわきます。

例えば、#バンガロール #バンガロール駐在 #バンガロール生活 といったハッシュタグを見ると、たくさんの投稿が見られます。

COVID19パンデミック時は全然投稿がありませんでしたが、最近は増えているので、ベンガルールのいろんな写真を見ることが可能です。

次いで、直近での出張者向けの情報はこちらがわかりやすいです。

バンガロール中心部で日本人がサバイバルするヒント(メモ) - Goodfind講師ブログ (hatenablog.com)

帯同者向け、生活情報としては、こちらのブログが極めてコンパクトかつ頻度高く更新されているので、おススメです。

20代でインドへ。駐妻生活情報ブログ@バンガロール (ameblo.jp)

これらの情報を集める際の留意点としては、網羅的であるか、更新がされているかどうか(情報の鮮度も重要なので)、経験して感じたことが書かれているか、のいずれかを満たしているかどうかだと考えられます。

2.気を付けるべき点

情報リストに加えて、気を付けるべき点を何個か記載します。

1) FRRO登録とビザの残存期間は合わせる

まずは、インド在住者(ビジネスビザの人は除く)にとってはFRRO登録(外国人居留登録)はインド移民局で定められた事柄であり、これが切れてしまっていると、"Unautorized stay"となり、罰金対象となり、インド国外へ出ることができません。

「VISAが有効ならいいでしょ」となってしまうかもしれませんが、VISAが有効でも、このFRROがVISAと同じ有効期限ではない場合もあるので、定点的に確認した方がいいでしょう。

2) ビジネスビザ180日滞在超過は一発アウト

これもですが、ビジネスビザでインドに来ている人で、1年を通じて180日を超えて滞在してしまった場合は、"Over stay"扱いとなり、1)よりも重い犯罪扱いになり、罰金と重いペナルティ(強制送還、新規ビザ規制など)が課せられてしまいます。

ですので、ビジネスビザで来ている人は「通算180日超えていないかどうか」を常に確認すべきです。

3) インドの銀行口座が開いていないと使うことのできないサービスの多さ

こちらも注意が必要で、インド地場の銀行口座がないと、利用不可能なサービスが散見されます。

例えば、Paytmといった便利な決済手段も、紐づくべきインドの口座がないと使うことができないので、注意が必要です。

(Uberなどの海外からきたサービスはインターナショナルカードやデビットカードで使うことが可能です。)

万が一に備えて、こちらに住む予定の方は事前に日本円を多く持参し、ルピーへ両替しておいたほうがいいでしょう。

取り急ぎ、抑えておくべき情報リストや気にするべき点を紹介しましたが、また必要に応じて更新しますので、乞うご期待です!

 

Profile

著者プロフィール
永田賢

Sagri Bengaluru Private Limited, Chief Strategy Officer。 大学卒業後、保険会社、人材系ベンチャー、実家の介護事業とキャリアを重ね、2017年7月に、海外でのタフなキャリアパスを求めてYusen Logistics India Pvt. Ltdのベンガルール支店に現地採用社員として着任。 現地での日系企業営業の傍ら、ベンガルールを中心としたスタートアップに魅せられ独自にネットワークを構築。2019年4月から日系アグリテックのSAgri株式会社インド法人立ち上げに参画、2度目のベンガルール赴任中。

Linkedin: https://www.linkedin.com/in/satoshi-nagata-42177948/

Twitter: @osada_ken

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ