World Voice

powerd_by_nw

スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~

永田賢|インド

クアッド会談に伴うモディ首相の訪日・岸田首相との日印首脳会談

iStock

2022年は日印国交樹立70周年という記念すべき年ですが、この寄稿でも、何度かに分けて日印の外交関係、首脳会談の概要について触れてきました。

[備忘録]日印国交樹立70周年に向けた2国間関係のおさらい|スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~|World Voice|ニューズウィーク日本版 (newsweekjapan.jp)

[速報ベース情報] 岸田首相のインド訪問|スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~|World Voice|ニューズウィーク日本版 (newsweekjapan.jp)

今回は、クアッド会談(アメリカ合衆国バイデン大統領、岸田首相、モディ首相)が東京で開催されたので、モディ首相も訪日しました。

その際に、いつものシャトル会談とは異なる首脳会談が実施されたので、やや速報ベースになってしまいますが、概要を追ってみます。

新要素を中心に以下抜粋です。

日印首脳会談の概要

モディ首相から、日米豪印4か国の協力枠組みは、自由で開かれ、包摂的でルールに基づくインド太平洋のビジョンにとって非常に重要であり、今回日本が主催した日米豪印首脳会合の成功を喜ばしく思う旨述べました。

両首脳は、インド太平洋経済枠組み(IPEF)を、地域に実体的な利益をもたらす包摂的な枠組みとするべく共に取り組んでいくことで一致しました。

「産業競争力パートナーシップ」等を通じたサプライチェーンの多元化・強靭化に向けた協力や、安全で信頼性のある通信ネットワークの構築に向けた協力等、経済安全保障上の共通の課題への取組を一層強化していくことを確認しました。

両首脳は、世界全体でのカーボン・ニュートラルの実現とエネルギー安全保障の確保に向け、3月の岸田総理訪印時に発表した「クリーン・エネルギー・パートナーシップ」を推進し、「日印エネルギー対話」等を通じて、水素、アンモニア、LNGといった分野で具体的な協力を進めていくことで一致しました。また、両首脳は、日印間の二国間クレジット制度(JCM)構築に向けて、協議を継続していくことを確認しました。さらに、両首脳は、今般、インドが推進する「太陽に関する国際的な同盟(ISA)」と日本政府・関係機関との間での協力覚書に署名がなされたことを歓迎しました。

日印首脳会談|外務省 (mofa.go.jp) より引用。

上記では、インド太平洋経済枠組み、サプライチェーン強靭化の話、クリーンエネルギーパートナーシップの具体的な取り組みがでてきました。

これらに加えて、いつもの2+2での安保連携強化、高速鉄道の取り組み、さらなる日系企業からの投資促進というような内容でした。

インドはRCEPについては、参加見送りでしたが、おそらく中国に市場を荒らされることを懸念してのことだったので、今回のクアッド関連の連携強化については、対中国での文脈とシーレーン防衛という観点から合意できるものだったのではないかと推察されます。

[参考:過去の中国とインドの関係についてまとめた記事]

中印国境紛争によるインド国内での「中国関連アプリ禁止」の現状|スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~|World Voice|ニューズウィーク日本版 (newsweekjapan.jp)

続・中印国境紛争に伴うインド国内での中国アプリの禁止|スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~|World Voice|ニューズウィーク日本版 (newsweekjapan.jp)

「地理」から見てみる中印国境紛争|スタートアップ超大国 インド~ベンガルールからの現地ブログ~|World Voice|ニューズウィーク日本版 (newsweekjapan.jp)

更に、今回の訪日でモディ首相は主要日系企業の首脳陣(ソフトバンク、スズキ、NEC、ファーストリテイリング)とも会談しており、おそらくさらなる投資促進をテーマとしたトップセールスだったのではないかと推察されます。

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談 | Reuters

スズキ自動車は、以下のようにすでに投資計画を発動しており、EV化に備えた動きが加速すると推測できます。

スズキ、インド投資3500億円 選択と集中でEV化に備え: 日本経済新聞 (nikkei.com)

まだ仮説の枠を超えないですが、今回のトップセールスを受けて、ソフトバンク、NEC、ファーストリテイリングも何らかのアクションを取るのではないかと推測します。

更に、製造業でも複数社が合計1200億円投資とあるので、今年1年はこのようなムーブが続いていくでしょう。

日本のメーカー24社 インドに総額1200億円超投資へ | NHK政治マガジン

引き続きこれらの動静を追うとともに、ペンディングになっていたクアッドについても今回の経済枠組みと合わせて解説します!

 

Profile

著者プロフィール
永田賢

Sagri Bengaluru Private Limited, Chief Strategy Officer。 大学卒業後、保険会社、人材系ベンチャー、実家の介護事業とキャリアを重ね、2017年7月に、海外でのタフなキャリアパスを求めてYusen Logistics India Pvt. Ltdのベンガルール支店に現地採用社員として着任。 現地での日系企業営業の傍ら、ベンガルールを中心としたスタートアップに魅せられ独自にネットワークを構築。2019年4月から日系アグリテックのSAgri株式会社インド法人立ち上げに参画、2度目のベンガルール赴任中。

Linkedin: https://www.linkedin.com/in/satoshi-nagata-42177948/

Twitter: @osada_ken

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ