World Voice

powerd_by_nw

アルゼンチンと、タンゴな人々

西原なつき|アルゼンチン

メッシ最後のW杯となるカタール大会目前、盛り上がるアルゼンチンと国内の変化

(istock Bet_Noire)

アルゼンチンといえばサッカー。

11月にカタールで行われるFIFAワールドカップも近づくにつれ、国内はそわそわし始めています。

今回で5度目となるW杯出場を果たすアルゼンチン代表リオネル・メッシは、今月ついに「Star+」のインタビューで、自身にとって最後のW杯になるであろうことを明言しました。

「不安と緊張が同時にある。これで最後だからね。
待ち遠しい半面、うまくやりたいと思ってしまう怖さがある。」

過去、2014年W杯ブラジル大会の決勝ではドイツに、2015年と2016年のコパ アメリカ決勝では2度共チリに敗れ準優勝に留まるなど、目前で勝利を逃し「一度もアルゼンチンに優勝カップを持ち帰ってきたことがない」と、国内では批判の声すら聞こえてくるなど、代表戦では悔しい思いをしてきたメッシ。

しかしついに昨年2021年のコパ・アメリカではブラジルを破りアルゼンチンを優勝へ導いた他、今年6月に行われたイタリアとのフィナリッシマでも3-0で快勝。現在連続35試合無敗を記録し、メッシが代表入りして以来最も強力で完成度の高いチームと言われ、期待値はこれまで以上に高まっています。



彼は今回で歴代5人目となる、5度のW杯に出場した選手に数えられる他、最も多くの試合に出た選手としても歴史に記録を残すのではないかと言われています。

また歴代最多勝利選手(現在1位がドイツのミロスラフ・クローゼで17勝、メッシが12勝)になる可能性も、ゼロではありません。



とは言え、記録なんてどうでも良い、とにかくレオ(メッシの愛称)に有終の美を、というのがアルゼンチンの雰囲気かもしれません。先日、インタビュアーがインタビューの途中でレオへの愛が溢れ、本人を前にして感極まって泣き出すという、いかにもアルゼンチンらしい?ニュースもありました。

Profile

著者プロフィール
西原なつき

バンドネオン奏者。"悪魔の楽器"と呼ばれるその独特の音色に、雷に打たれたような衝撃を受け22歳で楽器を始める。2年後の2014年よりブエノスアイレス在住。同市立タンゴ学校オーケストラを卒業後、タンゴショーや様々なプロジェクトでの演奏、また作編曲家としても活動する。現地でも珍しいバンドネオン弾き語りにも挑戦するなど、アルゼンチンタンゴの真髄に近づくべく、修行中。

Webサイト:Mi bandoneon y yo

Instagram :@natsuki_nishihara

Twitter:@bandoneona

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ