World Voice

powerd_by_nw

ダイバーシティ先進国ベルギーから観る欧州 LGBTQI 事情

ひきりん|ベルギー

LGBT親善大使、今年のミスターゲイベルギー代表が決定!

Mr Gay Belgium 2020に選出されたヨーレン・ハウトゥヴェルスさん(中央)@ David Degelin - Photographer - www.mrgaybelgium.be

2週間前の10月17日(土)、ベルギー第2の都市アントワープでゲイのミスターコンテスト Mr Gay Belgium 2020 ファイナルが開催され、20歳の大学生 ヨーレン・ハウトゥヴェルス Joren Houtevels さんが今年のミスターゲイベルギーの栄冠に輝いた。

ロックダウンによりLGBTイベントも軒並み中止、延期

2013年に始まったこのコンテスト、例年ならば5月下旬から6月上旬に行われるファイナルだが、今年は新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)によって開催延期となっていた。

ベルギーは他のヨーロッパ諸国同様感染第2波に襲われているが、このゲイコンテスト開催前後から新規感染者数が1万人に達したと思ったら、その数日後にはあっという間に2万人を突破、4月同様にまたもや人口当たりの感染者数でヨーロッパ最悪レベルとなってしまい(総人口1100万人)、10月30日、ドゥクロー新首相の声明で来週11月2日より6週間、12月13日までを期限とする2度目のロックダウンが決定した。

延期した日程が11月となっていたら、またもや再延期、もしくは最悪中止もあり得ただけに、幸運だったというしかない状況だ。今年は世界各地同様に5月のブリュッセル、8月のアントワープなど国内主要都市で開催予定のゲイプライド(レインボーパレード)も次々中止となり、主だったLGBT関連のイベントはこれまでほとんど開催されていない。その分今回のゲイコンテストも例年以上に注目された。また、4月13日以降200日以上海外からの持ち込み分を除いた地元起因の新規感染者を出していないというコロナウイルス封じ込めに成功した台湾で昨日10月31日、台湾全土から13万人が参加したという「台湾同志遊行(台湾LGBTプライド)」開催は、LGBT当事者だけでなく、広く世界の人々に強くアピールすることになるだろう。

Profile

著者プロフィール
ひきりん

ブリュッセル在住ライター。1997年ドイツに渡り海外生活スタート、女性との同棲生活中にゲイであることを自覚、カミングアウトの末に3年間の関係にピリオドを打つ。一旦帰国するも10ヶ月足らずでベルギーへ。2011年に現在の相方と出逢い、15年シビル・ユニオンを経て、18年に同性婚し夫夫(ふうふ)生活を営み中。

ブログ:ヨーロッパ発 日欧ミドルGAYカップルのツレ連れ日記 

Twitter:@hiquirin

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ