コラム

トランプ暴露本より「アメリカの本音が分かる」話題の3冊

2018年01月30日(火)11時45分

恐れていたとおり、トランプは大統領就任後すぐに国外で人工妊娠中絶を支援するNGOに対する連邦助成金を禁止する大統領令に署名した。また、大統領と議会の上下両院の多数を共和党が占めた結果、最高裁判事は5対4で保守に傾いており、ロー判決が覆される可能性も生まれている。

その嘆きと怒りは抵抗への原動力になったところがある。トランプの就任直後には全米で女性の抗議デモが行われ、推定300万~500万人が参加した。昨年9月に発売されたクリントンの回想録何が起きたのかは、最初の週に30万部が売れ、パブリッシャーズ・ウイークリー誌によると、その数字はノンフィクション・ハードカバーとしては12年以降で最大だった。

『侍女の物語』はアマゾンで「今年最も読まれた小説」に選ばれ、動画配信サービスHuluで4月から始まった連続ドラマはエミー賞8部門を受賞した。

続いて起こったのが性暴力やセクハラ被害を告発する「#MeToo (私も被害者だ)」運動だ。昨年10月以降、ハリウッドの大物映画プロデューサーから性暴力やセクハラを受けた女優らが次々と実名で体験を告白し、プロデューサーはハリウッドを追放された。他の被害者たちも名乗りを上げ、有名俳優やテレビ司会者、大物議員らがキャリアを失った。運動はさらにさまざまな業界や分野に広がっている。

前述の知人はため息をつきながら言った。「ヒラリーが勝っていたら、こうした運動は起こっていなかったかもしれない。だとしたら、彼女が負けたことには意義がある。そう思わなければアメリカで生きる希望をなくしてしまう」

※「世界を読み解くベストセラー40」特集号はこちらからお買い求めいただけます。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮情勢から英国ロイヤルファミリーの話題まで
世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、経済活動はなお順調 支援策撤回に向けた議

ビジネス

華為やZTE、「米救済計画法」の適用除外を 上院議

ビジネス

米ロ、核軍縮協議再開 9月会合開催で合意=米国務省

ビジネス

米、連邦政府機関内でのマスク着用指示 コロナ感染拡

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中